中2イジメ自殺 教師だけ糾弾正しいか

印刷

   中2の男子生徒が2006年10月11日にイジメで自殺した事件が起きた福岡県の三輪中学校や福岡県教育委員会には、担任教諭に対して「早く辞めさせろ」「一生懸けて償え」という怒りの電話が殺到している。マスコミも教師批判を繰り広げているが、ネット上では色合いが違っていて、「教師は言語道断」としながらも、「いじめた側の親の責任はどうなの?」などといった議論が交わされ、「教師一人を吊るし上げるだけではだめだ」という意見が増えつつある。

   Q&Aサイトの「オウケイウェイヴ」には06年10月18日 09時32分にこんな質問が出た。

『いじめ問題で、いつも教育委員会と校長、教師が問題視されますが、いじめた側の生徒とその保護者は、何の罪も問われないのでしょうか』

「加害者の親は応分の責任を取るべきだ」

「オウケイウェイヴ」のスレッドでは、教師の責任のみを問う声は少ない
「オウケイウェイヴ」のスレッドでは、教師の責任のみを問う声は少ない

   19日16:00までに寄せられた回答は14。うち、「教師だけの責任」と回答した人は一人もいなかった。

「加害者の親は応分の責任を取る(つまり賠償)責任があると思います。また、教師が率先していじめていた事件などに到っては、成人である本人(教師)の顔と氏名は公表するべきだと思います」
「個人的には子供が自殺するまで何も気づかないであっちこっち攻撃しまくっている家族も印象悪い」
「子供が傷害罪で更生施設などに行く事になればその保護者もある意味社会的な制裁は受けると思います。学校でのイジメもその辺同じ扱いにすべきですね」
「いじめられる側にもそれなりの原因があります。そちらの原因究明に全く取り組まず、教育委員会や学校の責任ばかりを追及するのは納得いきません」

   マスコミ報道とは違って、比較的幅広い意見が見られる。

   2ちゃんねるに、「【福岡・中2自殺】担任教諭『君は偽善者にもなれない偽善者だ』『おまえは太っているから豚だね」というスレッドが最初に立ったのは、06年10月16日 02時41分53秒だった。

「街宣車集結させて校長と教師を自殺に追い込めよ」
「というか、学校はそういう連中ばっかり」
「担任の顔写真マダー?(・∀・)」

と最初から教師に対する罵詈雑言が続いたが、990番目のカキコミ「この教員が最低なのは分かるのですが、スレを見てると 何かすべて担任が悪い!と目をむかされて、虐めた生徒の関係者(親とか)教育委員会の関係者にすべて担任が悪い!と誘導されてる気が・・・」から風向きが変わってくる。

時間がたつとともに「ホントに悪いのは誰?」

   この後、続きのスレッドが次々に立てられたが、「ホントに悪いのは誰?」のようなカキコミが増え続けていくのだ。

「直接の原因は二年になってもイジメを継続して行ってた同級生だろ。教師が直接の原因なら1年のときにとうに自殺してる」
「マスゴミの操作に過剰反応しすぎだ。アフォしかおらんのか?」
「この教師はクズだが教師に全て責任押し付けてる親もクズ」
「この教師は勿論逃がさんが、加担したクズどもも晒せや。このまま教師一人が糾弾され続ければ、このクズ連中は安心だよな。こいつらだって殺したくせに」
「うちの子に何かあったら学校に登校させないって書いてる人は、ごもっともですが、そういう親が多いことも深刻な問題なんですよ」

   中には自殺そのものに対し、突き放した見方もある。

「社会に出たらもっともっと辛いんだぞ。結果出せなかったら人間としても扱ってもらえないんだぞ。何よりまず食って行かなくてはならないという現実があるんだぞ」
「しかし子供が弱くなったな、親も同様に 教師のあの程度の言動なんて誰もが言うよ んな事でいちいち死んでたら人類滅亡するよ」

   教師一人を吊るし上げるだけではイジメの問題は無くならない、という意見が強くなっているのは確かだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中