「エロい」キスCM 大騒動の真相

印刷

   大手出版社のCMに「濃厚キスシーン」が含まれていたとして、出版社に苦情が殺到、ネット上に飛び火した。これを夕刊紙が「ネット上でCM『エロい』と大騒動」と報じたが、実際にネット上を見てみると、「別にふつうじゃん」という声が支配的だ。ただ、このCMに関心が集中しているのは間違いないようで、「ユーチューブ」での閲覧数は30万を超えている。

   2006年10月18日、夕刊フジが話題として取り上げたのは、大手出版社ベネッセコーポレーションが展開する、妊娠・出産・育児を応援する雑誌のブランド「たまひよ」のCMだ。CMは、たまひよ創刊13周年記念の特別CM「チュー編」として関東地区で10月14日から16日の3日間だけ放送された。

「祭り」とはほど遠い状態だった

「濃厚キス」CM、ユーチューブで大人気
「濃厚キス」CM、ユーチューブで大人気

   このCMには若い夫婦と赤ちゃんが登場。最初に母親が赤ちゃんの頬に口づけし、続いて父親も同様にキス。その直後に夫婦の横顔がアップになり、唇を重ねる、という内容だ。同紙によると、ベネッセ社には「行き過ぎではないか」「子どもと一緒に見ていて困った」などとクレームが寄せられたという。さらに、ネット上では過激な書き込みが相次いだ、と紹介している。

   さぞ大規模な「祭り」になっているだろうと思い、J-CASTニュース記者は2ちゃんねるにアクセスしてみたが、全くの期待はずれ。ニュースに関する議論が行われる「ニュース速報+」と呼ばれる掲示板では、2本しかスレッドが立っておらず、内容も「祭り」とはかけ離れている。

過激なキスシーンに改変した動画も出現

   例えば

「なかなかおいしいキッスでした でも、そんなに騒ぐほどのものか?」
「普通だろ。 抗議した奴は童貞・処女か欲求不満か?www」
「どんだけエロいのかとおもたら・・ エロいというより急な展開でドキっとするかな」

といった声が相次ぐ。中には

「あのキスシーンは、ドラマ並みのエロさがある。ドラマなら選択の余地があって見ないということも出来るが垂れ流しのCMだから問題がある」

のような声もないわけではないが、非常に冷めた見方が大半だ。

   ただし、冷めた見方が多いながらも、このCMに関心が集まっているのは間違いないようで、動画共有サイト「ユーチューブ」に、「たまひよ エロCM」というタイトルでアップロードされ、閲覧数は20日18時現在、30万を突破している。中には、キスシーンのみをもっと過激なキスシーンに差し替えた動画をアップロードする、悪ふざけも見られる。

   もっともこのCM、わざわざユーチューブで探さなくても、ベネッセ社のウェブサイトで普通に動画が公開されている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中