SNSでの悪口防止に 「銀河パトロール部隊」

印刷

   「悪口を言ってはいけない」という、独特のポリシーを掲げたSNSがある。そのために、書き込み内容を監視し、場合によっては、発言を削除する「銀河パトロール部隊」という組織まで作って、「安心・安全」をPRしている。

   SNSと聞いて、最初に思い浮かべるのはミクシィ(mixi)、グリー(gree)のような「大手」だが、その他にも、学校別、職業別、さらにはアダルト系など、さまざまなものがある。総務省の調べによると、2005年05月現在でSNSのサービスを提供している事業者数は75。

   「ココロ・プラネット(ココプラ)」は05年9月にサービスを開始した。06年9月21日には登録者数が1万人を突破し、現在の登録者数は約1万1,000人に達した。

女性に配慮、アダルト画像は「禁止」

「銀河パトロール部隊」が書き込み内容をチェックする
「銀河パトロール部隊」が書き込み内容をチェックする

   ココプラの最も特徴的なルールは「人・モノの悪口は、絶対に言わない!」。どうして、こんな独特なルールを設定しようと思ったのだろうか。大手プロバイダのAOL(America Online)の日本法人で長くインターネットに携わった経歴を持つ、同社社長の藤田壱九いっきゅうさんは、J-CASTニュースの取材に対して、

   「インターネットが本当に普及するためには、『情報』(インフォメーション)だけでなく、感情(エモーション)にも配慮するような仕組みを構築しないといけないと強く感じておりました。インターネットを本当に安全で居心地のいい空間にするため、『悪口を言わない』をルールに掲げ、他のサービスとの圧倒的な差別化を図っております」

と説明する。さらに、こう続ける。

   「著作権に触れるような写真に関しても厳しく対処しております。また、女性のユーザーに強く配慮して、いわゆるアダルト的な文章・画像に関しては、非常に厳しく対処しております。アダルトを事実上許容している他のサービスとは圧倒的に異なるところだと考えます。女性にとっては非常に安心できるサービスだと自負しております」

   J-CASTニュース記者も実際に登録して、登録者のプロフィールを、ざっと閲覧してみたが、ほとんどの登録者が自分の顔写真を登録していたのが印象的だ。確かに、大手SNSよりも大きな「安心感」を提供している、という面はありそうだ。

   また、「悪口を言わない」というルールを徹底するために、「銀河パトロール部隊」なるものが書き込み内容を監視し、場合によっては、その発言を削除するなどの措置を取るという。ちなみにこの「銀河パトロール部隊」という独特の名前は、社名に「プラネット(惑星)」とあることから連想して作ったものだそうだ。

建設的な「批判」や「批評」はOK

   匿名掲示板上では、

「なんか1日に登録だけしていたんだけど… さっきログインしようとしたら削除されていたよorz 何にも悪いことしていないのに…なきたくなったwwwwwwww」
「2ちゃんねる用語を使っただけで削除された」

などの声がささやかれているが、藤田社長は、「現状で(削除は)ほとんどないと申し上げてよろしいかと思います」と、噂を否定している。
   「インターネットは自由な言論を行える場所のはずなのに、言論統制ではないのか」と、ルールに対する疑問の声も上がっているが、これについては

   「『悪口を言わない』というルールは、建設的な『批判』や『批評』を禁じるものではありません」

としている。「心地よい空間」と「自由な空間」という、2つの要素を一度に実現しようという新しい試みに、注目が集まりそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中