部落地名総監流出 2ちゃんで「ガセ説」騒動

印刷

   差別図書とされる全国の被差別部落の所在地などを記載した「部落地名総鑑」がネット上の掲示板2ちゃんねるに流出したことについて、同掲示板では、「トラップ(罠)に引っかかったガセ情報である」とのカキコミが続出している。しかし、今回は2ちゃんねらー(2ちゃんねるユーザー)の「早とちり」の可能性が高い。

   2006年10月27日から28日にかけてJ-CASTニュース毎日新聞産経新聞が部落地名総鑑の2ちゃんねる流出について報じた。しかし、2ちゃんねるではこれを「ガセ情報」とするカキコミが続出した。それは次のような具合だ。

「誤報じゃねーかよ。 いいのか?」というカキコミ

2ちゃんねるには今でも「フシアナ」トラップと三重人権センターのホスト名が晒される
2ちゃんねるには今でも「フシアナ」トラップと三重人権センターのホスト名が晒される
   「これって、名前欄にふしあなさんで部落総監ゲット!ていう釣りを真に受けただけなんだろ?」「これだけ馬鹿な記事も珍しいな」「J-cast 誤報じゃねーかよ。 いいのか?こんな報道してて」「フシアナとラップに引っ掛かっただけ」

   「フシアナ」とは掲示板に貼り付けてあるリンクをクリックし、指定された特定の文字などを打ち込むと、それがトラップ(罠)であるというもの。これに引っかかって、自分がアクセスしているネットワークのホスト名を間違って晒してしまうこともある。

   部落地名総監の流出は以下のような経緯だった。
   2ちゃんねるに、部落地名総鑑に関するカキコミと一覧を入手できるリンクが貼られていたことを三重県内の公務員が発見、三重県人権センターに通報した。三重県人権センターによれば、リンク先にパスワードを入力すると、他のサイトに飛び、そこに部落地名総監のファイルがあったのだという。

   この話とは別に、流出問題を調査していた三重人権センターの人間が、「フシアナ」にアクセスしたため、ホスト名が判明した模様で、28日までに三重人権センターのホスト名が2ちゃんねるに晒された。フシアナトラップに引っ掛かったことと「流出」が関係がある、と見たようだ。

「地名総鑑」は確かにあったし、実際に見た

   三重人権センターで実際に通報を受けたという職員は、

   「地名がいくつも拾われた『地名総鑑』とされるものは確かにあったし、実際に見た」

   と答え、またフシアナトラップについては、

   「もちろん知ってます。調査の段階でテスト的に入っただけです。それが『地名総鑑』でないことは分かっている。行政マンたるものが、あるかわからないもので判断するわけがないです」

   としている。つまり、「部落地名総鑑」の流出問題は、実際にその存在を確認できたからこそ生じたもののようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中