小説「東京タワー」が200万部

印刷

リリー・フランキーさんの小説「東京タワー」の発行部数が2006年10月31日時点で200万部に達した。05年6月に出版されて以来大反響を呼び、テレビドラマの放送や映画の公開も予定されている。
発行元の扶桑社の編集担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「どの編集者でもそうだと思うが、出版した当時はここまで売れるとは思わなかった」と漏らした。母親への愛を綴ったいわゆる「マザコン」小説だが、「恥ずかしくて言えないこともさらけ出してしまう。それがリリーさん流のパンク(笑)」と同担当者は語る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中