松下電器の食器洗い乾燥機で発火事故

印刷

松下電器産業は2006年10月31日、01年5月から02年5月にかけて製造した卓上型食器洗い機で使用中に発火事故が4件あったと発表した。無料で部品の交換に応じるとともに、部品交換終了まで使用中止を呼びかけている。対象台数は157,986台に上る。

事故は、05年10月に和歌山県、同12月に東京都、06年3月に愛知県で起こった。同社は06年6月から10月まで調査を行ったが、このときは原因を特定できなかった。今年7月には福井県であり、温風を送り込むファンヒーターが原因だと確認した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中