ワイドショーは「いじめ」 亀田選手が反論

印刷

   「疑惑の判定」から4ヶ月、12月の防衛戦に向けて練習を進めるボクシング・ライトフライ級王者の亀田興毅選手だが、バッシングはまだ収まらない。そんな中、自らのブログで、いじめ問題についての文章を書き込んだ。自身への批判に対して「あいつらは平気でテレビを使っていじめをしてんねん」と、ワイドショーのコメンテーターに矛先を向ける内容で、ネット上ではこれに冷淡な反応しかない。

「俺が腹立つんは、テレビで喋ってるやつらや」

亀田批判は「いじめ」?
亀田批判は「いじめ」?

   亀田選手は2006年11月4日、報道陣に対して練習の様子を公開し、「今まではケンカでやってきたが、次からはちゃんとボクシングする」と、技術面の強化に向けての意気込みを語った。 同日、自身のブログに「いじめ問題。」というタイトルの文章を掲載、いじめ問題の報道に接して「ほんまにかわいそうやと思う。胸が痛くなるよ」との感想を述べている。その上で、「俺はいじめはなくなれへんと思う。大人になってもいじめはあるんやから」と、話題は自らに向けられた批判への反論に移り、このように、亀田選手を批判する人々を非難している。

「俺が腹立つんは、ワイドショーでいじめのことについてテレビで喋ってるやつらや。『いじめは絶対にだめです』とかいろいろ言うてるくせに自分らは平気でテレビを使っていじめをしてんねんから。俺が一番いい例や」

「嫌い」だけで批判される?

   このように、自らに向けられている批判は「いじめ」だと断じている。さらに、批判が相次いでいる背景については

「ほとんどはいじめる側はその人間のことが嫌いやからとか、うっとしいからとか、そんな理由でいじめてると思うねん。俺らのことをテレビを使っていろいろ言うてるんも俺らのことが嫌いとか、そんな理由で言うてねんやろ」

   としている。亀田選手に対して「嫌い」「うっとおしい」といった感情を抱いているから、批判するのだ、という認識を示した。
   これに対して、ネット上をざっと見ると、「亀田は正論」という声もなくはないが、冷淡な反応が大半だ。

「態度の悪さや怪しい判定を指摘される事がいじめになるのかw」
「いじめと批判は違うだろ 亀田理論だと国会なんていじめの嵐だぞ」

   このように、バッシングが収まらない背景には、批判されている内容に真っ正面から反論していない、ということもありそうだ。
   12月の試合で誰もが文句をつけようがないくらいに明快な形で勝つしか、解決方法はないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中