消費者金融など低金利ローン続々発売
グレーゾーン金利撤廃で生き残り

印刷

   大手消費者金融の武富士やクレジットカードのジェーシービーなどが、低金利のカードローンを相次いで発売している。今国会で改正・貸金業法の成立が見込まれるなど、貸出金利の引き下げが必至の状況なので、低金利のカードローン商品を早めに発売して顧客の囲い込みを図るのが狙いだ。

   武富士は06年11月9日から、融資限度額100万円、年9.125%の「ゴールドローン」の取り扱いを開始した。あわせて、年18.00%の「ドリームプラン」も発売している。
   J-CASTニュースの取材に同社は「銀行のカードローンよりも低い金利で、消費者金融業界では初の試み。グレーゾーン金利の撤廃措置を先取りし、低金利でも耐えうる、強固な収益体質のための第一歩です」(広報部)という。

カードローンはすでに金利が年10%割れ

消費者金融などからの債務を一本化する「おまとめローン」も登場
消費者金融などからの債務を一本化する「おまとめローン」も登場

   クレジットカードの国際ブランド、ジェーシービーは「JCBファーストローン+(プラス)」を始めた。融資限度額300万円、年8.00%からのカードローン。本人確認証や収入証明書が必要になるなど、消費者金融業者のように即日審査というわけにはいかないが、こちらも年10%を割り込んだ。

   CFカードでおなじみの信販会社・セントラルファイナンスは10月30日、年7.80%の低金利の大型ローンカード「CF VIP LOAN CARD」を発売した。融資限度額が50万円から300万円まで6コースに分かれており、50万円の場合は年18.00%で、300万円では年7.80%で提供している。

   貸出金利が年10%割れしているカードローンではすでに、UFJ-NICOSの「UFJニコス マイベストビズ」(年7.80%~)やオリックスVIPカード(年7.7%~)、SBIイコールクレジット(年8.0&~)、GMOネットカード(年7.3%~)、ソニーファイナンス「eS-card plus」(年8.70%~)、楽天クレジット「マイワン」(年100万円超、年8.7%~)がある。 ちなみに、三菱UFJ系のDCキャッシュワンやモビット、三井住友系のアットローンなどは、年15.0%~18.0%。

垣根を越えた再編に間違いなく発展しそう

   複数の消費者金融などからの債務を一本化することで返済をラクにするとPRする、東京スター銀行のおまとめローン「BANK BEST」(融資限度額1,000万円)は年13.5~14.5%だ。

   各社の10%を割り込む金利設定は、銀行のカードローンと比較しても低く、消費者ローンをめぐる競争はさらに激しさを増しそう。しかも、低金利の利用者層は、銀行を含むローンの提供者にとってはいわゆる優良顧客に当たるので、その囲い込みに火がついたといえる。
   消費者金融やクレジットカード、信販会社は今後、低金利に耐えうる収益体質への転換が求められることになり、貸し出し"専業"から保証業務や割賦販売などの多角化経営を視野に入れることになる。
   武富士は、J-CASTニュースに対して「(信販会社などとの事業再編などは)選択肢として、可能性はありうる」と話した。グレーゾーン金利の撤廃は、消費者金融と信販会社、クレジットカードの垣根を越えた再編に間違いなく発展しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中