ビール、発泡酒ともに出荷量5カ月連続減

印刷

ビール主要5社が2006年11月13日に発表した06年10月のビール関連飲料出荷量(ビール、発泡酒、第3のビール)で、ビールが前年同月比10.0%減、発泡酒が同5.5%減とそれぞれ5カ月連続で減少した。その一方で第3のビールは同27.8%増と3カ月連続増加だった。合計では同2.3%減となり、2カ月連続で前年実績を下回った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中