松坂「60億の価値ない」 米テレビのアンケート

印刷

   入札制度で大リーグ行きを目指している西武の松坂大輔投手への独占交渉権を獲得したのは、ボストン・レッドソックスだった。落札価格は約5,111万1,111ドル(約60億円)で、異例の高さだ。米国のスポーツ専門テレビ局のアンケートだと、「高すぎる」が72%と圧倒的で、こうした見方が大勢のようだ。

   米大リーグ機構とプロ野球の西武ライオンズが入札額を発表したのは2006年11月15日午前10時(米東部時間14日午後8時)。入札額5,111万ドルは、この制度を使ったこれまでの移籍では最高額だ。レッドソックスは今後、松坂投手と30日間の期限内に、年俸などの交渉に入る。

日本でもヤフー投票で76%が「高い」

ヤフーの投票では4分の3以上が「高すぎ」と回答
ヤフーの投票では4分の3以上が「高すぎ」と回答

   このニュースは米国メディアでも大きく取り上げられた。
   正式発表前に、松坂投手のレッドソックス入りを報じていたスポーツ専門のテレビ局ESPNは松坂投手の写真をウェブサイトのトップページに掲載、大きく取り上げている。また同局は、松坂投手の入札に関して9項目のアンケートを行っている。その中の「松坂投手と交渉するためだけに5,111万ドル払う価値はあるか」という問いに対して、18時現在で約37,000の回答があり、72%が「ノー」と回答、入札額が高すぎる、という評価が圧倒的だ。

   日本でも状況は同じようなもので、ヤフーが「松坂大輔投手のポスティングシステムでの落札額は約60億円。この落札額、どう思う?」というアンケートを行い、約54,000の投票数のうち76%が「高い」と答え、「妥当」と答えたのは19%にとどまった。

   もっとも、松坂投手の能力については

「おそらく日本で一番の投手」(AP通信)
「日本で最も偉大な現代のピッチャー」(ボストン・グローブ)

米国でも肯定的な評価が多い。だが、過去の入札額と比べてあまりにも巨額なため(イチロー選手に対してシアトル・マリナーズが入札したのは312万5,000ドル、当時のレートで約14億800万円)、「落札額は果たして妥当なのか」という声も上がりつつある。

ニューヨーク行きを阻止するために値段をつり上げた?

   落札額高騰の背景として、「(ニューヨークにある) ヤンキースやメッツ行きを阻止するために値段をつり上げた」という見方が複数出ている。
   ニューヨーク・ポストは「ボストン、大盤振る舞い」という見出しを立てて、この見方を支持している。
   ニューヨーク・タイムズは、レッドソックスがヤンキースとの入札競争に敗れ続けていたことを指摘。今回の入札で「レッドソックスが、年俸を抑制する方針からの脱却する兆候」を見せたとし、レッドソックスにとって、思い切った決断だったことを示唆している。

   レッドソックスの地元のボストン・グローブは皮肉交じりにこう報じている。

「松坂投手の価値は、レッドソックスの多額の投資から何を得られるかよりも、ライバルのヤンキースをどれだけ苦しめたか、で評価されるのかも知れない」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中