税金使って絶壁犬救助 これは本当に正しいのか

印刷

   絶壁で身動きが取れなくなった犬を網を使って救助した騒動に、「犬にはセーフティネットがあるのに、人間の弱者にはない」と、評論家の勝谷誠彦さんが自分のウェブ日記で憤っている。動物を助けるのに消防隊が出動するのは珍しくない。過去には「米ソが協力したクジラ大救出劇」も存在する。動物救出のためには税金投入は惜しまない、というのは今も昔も、どこの国でも変わらないようだが。

   この騒動の発端は2006年11月17日、徳島市加茂名町の眉山(びざん)ふもとの急斜面で、崩落防止用擁壁のコンクリート枠に犬が迷い込んで動けなくなったのを近くの住民が発見、消防局に連絡した。21日にレスキュー隊員が防護壁の上からロープを使って犬の近くまで降り捕獲を試みたが失敗、翌22日午前9時から救出活動を再開した。保護ネットを張った上で隊員がロープを使って犬の両側から近づいたところ、犬がネットの中に落ち、下で待機していた隊員が救出した。

「徳島県民の税金は犬を助けるために支払われているのか」

「コククジラ」救出に100万ドルを費やした
「コククジラ」救出に100万ドルを費やした

   新聞各紙の報道によると、この救出劇で「自力での脱出は不可能」という理由でレスキュー隊員20人が出動したが、勝谷さんはこう批判する。

   「レスキューは犬を助けるためにいるのか。あの時間に他の出動がなかったからと言う言い訳は成り立たない。出動のために拠点で待機しているというのも大事な仕事だからだ。徳島県民の税金は犬を助けるためにレスキューに支払われているのか」

   そうは言っても、生き物を救出するために消防隊員が出動する、というケースは、調べてみると、結構ある。

   例えば、06年6月には、高知市の民家の塀に挟まれて動けなくなったハクビシンの子どもを消防と警察が出動して救出している。03年1月には、北九州市で電線から垂れた釣り糸に引っかかったユリカモメを、住民からの通報を受けた消防局が隊員7人とはしご車を出動させて救助している。

   だが、過去の新聞を調べていくと、勝谷さんが聞いたらビックリしてひっくり返りそうな「税金を使った大救出劇」があった。

クジラ救出作戦に100万ドル以上の費用

   冷戦がまだ終わっていない1988年。10月6日、米国アラスカ州北端のポイント・バロー付近の、海と6キロも離れた氷の裂け目でコククジラ3頭が身動きが取れなくなっているのを、住民が発見した。自然保護団体や政府機関が救助活動に乗り出し、その様子は朝から晩まで全米のテレビで「実況中継」され、レーガン大統領も激励の電話をかけた。21日には1頭が姿を消した(おそらく死んでしまった)が、残り2頭の行方の注目が集まった。25日になって、国務省の要請で、現場近くにいたソ連の2隻の砕氷船が到着、砕氷を開始した。そのかいあって、26日には合計8キロに及ぶ水路が完成し、クジラ2頭は発見から20日ぶりに広い海に泳ぎ去った。当時のNHKニュースは「この救出作戦にはしめて100万ドル以上の費用がかかったものとみられています」と伝えている。

   この熱狂ぶりには、動物愛護団体から

「ソ連は年間200頭もコククジラを捕獲しているのに、今回は2頭のクジラを救うために砕氷船を出したことだけが脚光をあびている」

と冷ややかな声も出たが、こんな声にかき消されてしまったようだ。

「そのくらいの費用、自然保護の広報費用に換算すれば問題ではない」
「そこに苦しんでいる同じほ乳類の仲間がいる。助けたいと思うのが人情だ」
「このクジラたちは『アメリカの心に銛(もり)を打ち込んだ』のだ」

   記事冒頭で紹介した勝谷さんの日記は、こんな1文で終わる。

「昨日(編注: 22日)は確かにニュースが少なかった。しかしそういう時こそ虐めの問題などを深堀りして報じるのがメディアの務めではないのか。犬一匹と子供たちの命のどちらが重いのか頭を冷やして考えろ」

   だが、88年当時の「アエラ」は、こんな見出しでこの騒動を報じている。

「米大統領選かすませたコククジラ救出大作戦」

   つまり、大統領選挙ほどの大ニュースを脇に押しやってしまうほどのインパクトがあったということで、ニュースが多い日でも「動物救助騒動」は話題として取り上げられる、ということだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中