郵便局の71%が赤字 郵政公社調べ

印刷

日本郵政公社は2006年11月24日、05年度の全国郵便局別の損益試算を発表した。それによると、普通郵便局と特定郵便局を合わせた2万223局のうち、71.2%に当たる1万4,404局が赤字だった。赤字局の割合は04年度に比べると、1.2ポイント低下した。事業別では、郵便事業で94.5%、郵便貯金で55.6%、簡易保険で47.7%の局が赤字だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中