007 カジノ・ロワイヤル 意外な鑑賞法

印刷

   映画「007シリーズ」の最新作となる「007 カジノ・ロワイヤル」が英米で公開されてから10日がたち、日本国内の公開も間近に迫っているが、思わぬランキングの上位に入っている。「あるシーンでは開いていたはずの車のドアが、いつの間にか閉まっている」などのケアレスミスの指摘がファンから相次いでいるのだ。歴代007シリーズのミスを集めた動画を編集するファンもあらわれ、動画投稿サイト、ユーチューブでは多くのアクセスを集めている。

   この作品が英米で公開されたのは2006年11月17日。ジェームズ・ボンド役としてダニエル・クレイグが演じた初の作品として話題になっており、24日~26日の興行収入では、「ハッピーフィート」に次いで全米2位につけている。

ズボンの下から、白いスタント・スーツが見える

ユーチューブでは、「007シリーズ」のミスをまとめた動画が人気
ユーチューブでは、「007シリーズ」のミスをまとめた動画が人気

   このように、上位にランクインしている映画なのだが、思わぬところでも上位ランクインをはたしている。この作品が話題になっているのは、「MovieMistakes.com」と呼ばれるサイトだ。およそ1,500人が登録している会員制サイトで、映画やテレビ番組で発生したミスを、「音が変だ」「スタッフが映り込んでいる」「事実関係がおかしい」などの種類別に、ひたすら指摘するサイトだ。

   公開しかまだ10日しか経っていない「カジノ・ロワイヤル」だが、早くも28点のミスが指摘され、06年11月27日現在、「2006年で最もミスの多い映画」部門の3位にランクインしている。指摘されているミスの内容は、こんな具合だ。

「あるシーンでは開いていたはずの車の運転席のドアがどういうわけか閉まっている」
「燃料タンクを登るシーンで、主演男優のズボンの下から、白いスタント・スーツが見えてしまっている」

見つかったミスは、本当にあからさまな、すぐ分かるもの

   このランキングサイトを作ったジョン・サンディさんは、芸能ニュース専門の通信社「World Entertainment News Network」に対して、

   「普通、メジャーな作品はDVDになってから間違いが見つかるものですが、これまでに見つかったミスは、本当にあからさまな、すぐ分かるものなんですよ」

   と、なかばあきれた様子だ。

   実は、ミスが多いのは、今回の「カジノ・ロワイヤル」だけではない。動画投稿サイト「ユーチューブ」には、「MovieMistakes.com」のクレジットが入った「ボンドNG集」というタイトルの動画が06年9月にアップロードされている。この動画には

「着けているはずのネクタイが、次のカットでは無くなっている」
「カメラマンが映っている」

   などのミスが、約5分半まとめられており、アクセスはすでに30万を超えるほどの人気ぶりだ。

   ちなみにこの「カジノ・ロワイヤル」、日本では12月1日の公開予定だ。どこにミスがあるか探しながら鑑賞するのも、一興かも知れない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中