首長の共済年金特例見直しへ

印刷

   自民公明両党の実務者でつくる「与党年金制度改革協議会」は2006年11月28日、厚生年金と共済年金の一元化について協議し、現在都道府県知事と市町村長に対して適用されている加算特例を見直す方向で一致した。この特例は、首長が12年以上在任した場合、在職時の平均給与月額の約44%が年額に加算されるというもの。高額な退職金など首長への優遇措置に批判が相次いでいることなどから、年金についても見直しが必要と判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中