亀田世界戦チケット 「完売」には程遠く

印刷

   「亀田3兄弟」の長男である亀田興毅選手の初防衛戦が迫り、これまでにも増して注目があつまっている。その一方、試合直前になっても「チケットが売れていない」「スポンサー離れが進んでいる」といったネガティブな報道も相次いでいる。

   2006年12月20日に有明コロシアムで行われる「亀田のけんか祭り」では、亀田3兄弟の次男・大毅選手が、インドネシアのモハマド・サディック選手と対戦した後に、長男・興毅選手の王座防衛戦が行われ、8月に「疑惑の判定」で破ったベネズエラのファン・ランダエタ選手と再び対戦する。

「チケットが大幅売れ残り」という記事も

各紙が「亀田のけんか祭り」について大きく取り上げている
各紙が「亀田のけんか祭り」について大きく取り上げている

   12月18日に行われた調印式では、興毅選手の恒例パフォーマンスも見られた。ランダエタ選手が12日に来日した際に、韓流スターのソン・スンホンさんのファンに取り囲まれたが、これを自分のファンと勘違いしたことを皮肉って、「3,000人も来るわけないやろ。勘違いしたら損すんねん!」という妙なだじゃれとともに、ソン・スンホングッズをプレゼントし、挑発して見せた。

   そんな中、「お祭りムード」に水を差すような報道も相次いでいる。同日の「夕刊フジ」は「亀田再戦、ファンからKO!?チケットが大幅売れ残り」という記事を掲載、後援会関係者の声を紹介した上で「最前列でさえ売れ残っており、関係者がしばらく前から割引販売に苦労しているという」と報じている。

   実際のところはどうなのだろうか。試合当日はマイクロバスを借り切るなどして観戦に駆けつけるという亀田兄弟後援会の斉藤勝治会長は、

「(チケットは)高いところから売れてしまいますからねえ」

と断った上で、

「後援会の人には安いチケットで見られるようにしたいです。チケットの購入をとりまとめたりもしています」

と、特にチケットがだぶついている様子でもなければ、品薄だという様子でもなかった。

ヤフオクでは、いずれも入札者はゼロ

   だが、「売切御礼」という訳でもなさそうだ。12月19日16時前には、「けんか祭り」を中継するTBSで試合のPR番組が放送され、調印式の様子を紹介していた。ここで目に付いたのは、2分間放送された番組のうち、チケットの購入を促すための「ローソンチケット」の番号が、画面の右上に1分以上表示されていたこと。完売しているのであれば、試合の1日前の番組に、こんな広告を載せる必要はないはずだ。

   また、人気公演ではチケットが高値で取引される「ヤフーオークション」では、12月19日現在、「けんか祭り」のチケットは3点出品されているが、いずれも入札者はゼロ、という状況だ。

   その他にも、「日刊ゲンダイ」は12月19日、パチンコメーカーの京楽産業がスポンサーを降りることを決めたことを紹介、「最近ではファンに加えて、亀田を応援し続けたスポンサーもファミリーから離れ始めている」などとしている。

   亀田兄弟は逆風を吹き返して、スタジアムを満員の観客で埋めることができるのか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中