「ハケンの品格」>「華麗なる一族」 ドラマ人気

印刷

「2007年1月スタートの新ドラマで面白かったのはどれ」と、調査会社のインフォプラント「C-NEWS」がアンケートを実施したところ、"スーパー派遣"の爽快な活躍を描く「ハケンの品格」(日本テレビ、水曜夜10時)が33.9%(複数回答)でトップになった。特に20代、30代の女性の熱い支持を受けている。2位は10代女性の圧倒的な支持を受けた「花より男子2」(TBS、金曜夜10時)の32.3%で、キムタク主演の話題作「華麗なる一族」(TBS、日曜夜9時)は29.4%で3位だった。木村拓哉を始めとする豪華キャストが話題の「華麗なる一族」は初回の視聴率こそダントツだったものの、その後は「ハケン」「花男」との接戦になり、今のところ"派遣社員"が"財閥の御曹司"をうっちゃる勢いだ。
調査は主な冬ドラマを1本でも見ている12歳以上(小学生は除く)のインターネットユーザー1000人の回答を集計した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中