年収960万、「電車通勤」 日航社長の体面

印刷

   日本航空は中期再生プランを2007年2月6日に発表したが、一番話題になっているのは「西松遥社長の年収960万円」という項目だ。この額は上場企業の社長では間違いなく最低レベル。日航のパイロットの平均年収1,954万円の約半分で、部長級の年収でも低い方だという。さらに社長室、役員室を無くし「大部屋」で仕事をするほか、専用車も廃止し西松社長は「電車通勤」するのだという。

   日航が07年2月6日に発表した07年度から4年間の中期経営計画「再生中期プラン」によると、グループ人員の約8%に当たる4,300人を削減し、ボーナスカットなどを含め人件費を約500億円圧縮。名古屋(小牧)―北九州など不採算の地方の10路線を07年4月以降に廃止し、10年度に880億円の営業利益を目指す、などとなっている。06年3月期決算で268億円の営業赤字を計上し無配に転落したが、10年度までに復配できない場合、西松遥社長は辞任する考えで、同日の記者会見では「退路を断って取り組む」と決意を語った。

電車通勤は「元に戻っただけの話し」

JAL、再生プランで再び「離陸」できる?
JAL、再生プランで再び「離陸」できる?

   この記者会見で最も注目を集めたのが「年収960万円」「社長室を含めた役員の個室の撤廃」「役員全員の電車通勤」である。これで社長としての体面を保っていけるのか、心配になるが、西松社長は会見後、記者に囲まれた時に電車通勤について「元に戻っただけの話しです」と、電車通勤はもともと経験済みだとし、記者たちを笑わせた。

   自ら「罰」を課したような西村社長だが、これが単なる話題作りやパフォーマンスなのでは、という指摘が一部のマスコミにはある。
   日航の広報はJ-CASTニュースの取材にこう答えた。

「『自分が勝手に決めたことなんで』という言い方をしていますが、社員が辛いなら自分も一緒になって辛い思いを分かち合おうとしているんです。自分のそうした姿を社員に見せることによって、社員がどう感じるのかを自分自身で受け止めたいと思っているのだと思います」

   役員報酬については07年2月から全役員が45%~60%カットになるが、西松社長は1,000万円を12ヶ月で割り切れる額として自分で960万円と決めた。
   上場企業の昼の移動は社有車で行うが、専用車は廃止し「時間の余裕が無い時以外は電車通勤になります」(同社広報)という。大企業の社長だけに不測の事態が起こる可能性もないとはいえない。ただ、ガードマンを付けたりすると、かえって高くつきそうだ。

ブロガー達も、西松社長の待遇に興味

   社長室を含め役員室を撤廃することについては、

「役員同士が顔を突き合わせて仕事ができる体制にするためと、報告や相談に来た社員が、直属以外の役員と会える場にするため」

   と同社広報は説明する。

   日航の再生計画をニュースで知ったブロガー達も、やはり西松社長の今後の待遇に興味を持ったようで、「ヤフー」ブログや、「ライブドア」ブログには様々なことが書かれている。

「人件費500億円の削減目標において社長自ら率先して減給すると言う事だね」
「トップがこのような決断する企業に、やはり、応援をしたい。。。」
「日本的な経営の舵取りだと思う。なぜなら、当該企業が同業他社に比べ著しい経営危機に至った原因が、当時の経営者の経営者としての資質の無さからのもので有ったにせよ、新任の経営トップの報酬の大幅削減実施と経営の建て直しとは無関係だと考えるからだ」

   一方で、

「日航社長の年収が960万とか“未来がない会社”と宣伝してると同じ事」
「はっきりいって、企業がこういう段階になるともうアウトですね。第三者から見れば『給与カットされてやる気ないんじゃねーの?』と思われますよね」

など、今回の発表は「逆効果」だと指摘するブログもある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中