女子中高生はなぜためらいもなく 自分のわいせつ画像を投稿するのか

印刷

   携帯電話のサイトにわいせつ画像を放置していたとして、兵庫県警生活安全企画課などが2007年1月下旬にサイト運営者を児童買春・ポルノ禁止法違反ほう助の疑いで逮捕していた。さらに、自身のわいせつ画像を投稿していた14歳~23歳の男女6名も書類送検した。なぜ若者は自分のわいせつ画像をさらしたのか。

   逮捕されたのは、携帯サイト「セクシー☆写メール」(現在では閉鎖)の運営者である愛知県の広瀬裕子容疑者。県警によると、広瀬容疑者は06年2月にこのサイトを開設。06年6月~7月にかけてサイトにわいせつ画像が掲載されていたにもかかわらず、放置していた。一方、14歳~23歳の男女6人も、携帯電話で自分の裸を撮影したわいせつ画像を投稿したとして書類送検された。

「ランク付けがあり、コメントがもらえるのが面白かった」

「セクシー☆写メール」と題された携帯サイト。少女はなぜわいせつ画像を投稿するのか
「セクシー☆写メール」と題された携帯サイト。少女はなぜわいせつ画像を投稿するのか

   県警の調べでは、広瀬容疑者はこのサイトの開設以前に、音楽配信サイトを開設しており、「アクセス件数が上がらなかったため、(「セクシー☆写メール」を開設してリンクを張り)自分のHP(音楽配信サイト)の広告収入を上げたかった」などと供述しているという。

   そして、一方の画像を投稿していた男女6人だが、1人は23歳の男性、残る5名が19歳以下の女性。意外なことに、住んでいる地域はバラバラで、6人はまったく無関係の他人だった。それではなぜ自分のわいせつ画像を投稿していたのだろうか。兵庫県警生活安全企画課はJ-CASTニュースの取材に対し、

「興味本位でやっていたみたいです。このサイトには画像のランク付けがあって、コメントがもらえるシステムになっていた。それが面白かったみたいですよ」

   と答えた。
   6人中、女性1人は裸体を写すなどし、残る女性4名、男性1名が自身の局部の画像を投稿していたが、どうやら単なる自己満足のためにわいせつ画像の投稿を行っていたようだ。

送検された6人とも罪悪感はなさそうだった

   J-CASTニュースは、「セクシー☆写メール」と思われるサイト(キャッシュ)を発見。それを見ると、

「高校02年生(ハート)」「絡んで(ハート)」「遥だよ☆+18でス(絵文字)ポチしちャッてください」

   といったタイトルと画像へのリンクが順位に従って書き込まれていた。もちろん、携帯サイトのなかにはこれに類似したサイトがほかにもないわけではない。若い女性、なかには少女とも思える女性が、裸体をさらして楽しんでいる、そんな光景は簡単に携帯電話から覗ける。例えば、今回のサイトのように、「セクシーな画像」を投票してランク付けしているある携帯サイトでは、

「ぃっぱぃ票入れてくれてァリガトウ(絵文字)もぅすぐ5位ダョ(中略)投票ぉ願ぃします(ハート)感想もょろしくね」

   などのコメントとともに、女性の上半身裸の画像が投稿されている。
   今回、書類送検された少女たちも、特別なためらいもなく、このように楽しみながら自身の裸画像を投稿していたのだろう。捜査担当者は、半ば呆れた様子で次のように述べた。

「(今回書類送検した6人は)なんだか罪悪感がなさそうな様子でした。そこが問題なんですよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中