Toshi 裁判で完敗「X JAPAN」復活消えた!?

印刷

   伝説のロックグループ「X JAPANの復活は消えた」とがっかりするカキコミがネット上に広がっている。東京地裁が2007年2月26日、「X JAPAN」元ヴォーカルToshiが広告塔を務める自己啓発セミナー会社「ホームオブハート」に対し、「違法なマインドコントロールを行った著しく反社会的行為」と断定、原告の女性に対し1,500万円余の支払いを同社とToshiの会社に命じたからだ。

「Yoshikiもやりたいというので、話を進めています」

X JAPAN解散後も、公式サイトは存在している
X JAPAN解散後も、公式サイトは存在している

   「X JAPAN」解散のきっかけは97年4月のToshiの脱退。「ホームオブハート」の活動への傾倒とされている。「X JAPAN」の復活を期待するファンは多く、これまで何度も話題になっていた。07年2月20日、Toshi がオフィシャルサイトで「半年ほど前からマネージメント事務所のかつての社長から復活の話を持ちかけられている」「さすがにそこまで言うならと思い、その後Yoshikiにも確認したところ、やりたいというので、話を進めています」などと述べ、復活へ向けて準備に入ったことを認めている。

   元リーダーのYoshikiは07年2月24日、自身のブログに、

「昨年末に、彼(Toshi)から、別れて以来初めての電話を受けた。(新曲を)歌うべきなのはToshiなのだが、わからない。僕が何かを言わなければならないけど、もう少しだけ時間をください」

   などと、「復活」についての悩みを明かしている。

   「ホームオブハート」と、Toshiの会社が「反社会的行為をした」と断罪されたニュースについて、「ライブドアブログ」「ヤフーブログ」にはかなりの数のブログが書かれている。復活については疑問視する意見が多い。

「X-JAPANの『再結成』の噂が流れていたけど多分無理でしょう…」
「洗脳されたトシは復帰できるでしょうか」
「『X JAPAN復活か?』というニュースが先日ありましたが… こんな問題が発生してしまったらそうとう厳しいんじゃないでしょうか? 」

「極めて非人間的な行為であるというほかない」と断罪

   「ホームオブハート」を巡る今回の裁判は、元セミナー生の女性(38)が詐欺などの被害に遭ったとして、同社などに損害賠償を求めたもの。セミナー代などを支払うために消費者金融などに多額の借金をさせられ、離婚や自己破産に追い込まれたと訴えた。野山宏裁判長は判決で「他人を意図的にマインドコンロールされた状態に陥れ(カネを吸い上げ)る行為が著しく反社会的な行為であることは言うまでもない。精神的な拷問に等しく、半永久的に被害者の心に深い痛手を残すことになり、これまた、極めて非人間的な行為であるというほかはない」とした。

   原告側代理人の紀藤正樹弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、マインドコントロールという言葉を、判決で使い賠償責任を認めたのは初めてだろうとして、

「マインドコントロールの手法を時系列に追い裁判で提示してきた。この会社へ賠償請求をする被害者はこれからも出てくる」

   と語った。
   一方のToshiは、オフィシャルサイトに07年2月26日に、

「あまりにも真実とまったく違う判決が出たことに対し、憤りを越えて、愕然としてあきれ果てております」

   などと書き、控訴する考えだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中