公営住宅「ペット禁止」の是非 ワイドショーやネットで大議論

印刷

   静岡県伊東市が、ペット問題で揺れている。ペット禁止の市営住宅でペットを飼っていたお年寄りに対し、市側が「転居するかペットを手放すか」と迫った問題で、テレビのワイドショーやネットで大議論になっている。「猫一匹飼って何が悪いの」という行政批判派と「ルール無視はよくない」派が対立、溝は埋まりそうにない。

テリー伊藤さん「猫一匹飼って何が悪いのよ」

12日放送の「スーパーモーニング」。活発な議論が交わされた。
12日放送の「スーパーモーニング」。活発な議論が交わされた。

   なぜここまで議論が「盛り上がり」を見せているのか。伊東市によると、きっかけは2006年8月、猫を12匹飼っていた80歳台の男性が傷害事件を起こしたこと。猫に絡む悪臭について市から注意を受けたこの男性が、部屋が接する女性住人に対し「市へ通告した」などと思い込み、ノコギリで女性を叩くなどして逮捕されたという。

   この事件を機に、市はペット禁止の徹底に乗り出した。調べてみると、事件があった団地だけでなく、市内計14団地、約1,100世帯中、55世帯が犬や猫などのペット70匹以上を飼っていた。事件以前も動物が原因と見られるアレルギー症状で転居を余儀なくされた住民もいたといい、建築住宅課は「規則を守った方が何で追い出されるの」と怒りをぶつけられたと振り返る。

   2007年4月12日朝、テレビ朝日スーパーモーニング」はこの問題を取り上げた。4月4日の日本テレビスッキリ!!」でも話題となり、J-CASTニュースは「ワイドショー通信簿」で取り上げた。出演者のテリー伊藤さんが「猫一匹飼って何が悪いのよ」、おおたわ史絵さんが「ご老人の方はペットをよりどころにして生きているんです」などと発言、これに対し「安易な『かわいそう論』は評価できない」「ルールの無視はよくない」など批判的なコメントが寄せられた。

   一方で、伊東市役所へは以前から市への批判が相次いでいる。この問題を主に担当する建築住宅課へは「動物がかわいそう」「お年寄りに冷たすぎる」といった厳しい意見が「取りまとめする暇がないほど」寄せられているそうだ。

国会議員もこの問題についに「参戦」

   3月後半にスレッドが立った「2ちゃんねる」では、4月に入っても書き込みが続き、「かわいそうなお年寄りからペットを奪う権利は誰にもない」、「信じられないくらい自己中で無責任で近所迷惑な犬飼いがいるわけ」、など賛否双方の意見が寄せられている。生活保護を受けている住民が関係していることで、この問題に焦点を当てた発言も多かった。

   騒動は国会議員も巻き込んだ。藤野真紀子・衆議院議員(自民、比例東海ブロック)は、自身のホームページ上で、「伊東市の市営住宅の方々」などとこの問題に触れた上で、「小さな孫達はもちろんのこと共に暮らした小さな動物達の命を我が命にかえても愛しみ守りたいとする思いほど、私を強く生かしてくれる力になるものはありません」と訴えている。

   「ペット禁止の公営住宅に飼ってる住人がいるなんて、全国でありふれた話」。複数の動物愛護団体関係者は口をそろえる。逆に言うと、トラブルは全国で多発しているわけで、事態は意外に深刻なのだ。

   議論は平行線のままだが、ネット上では、「ペットを飼うことが可能な市営住宅も作ればいい」という案も出ている。東京都などでは公営住宅で実験的にペットを飼うことを認めているところもある。都は「人と動物との調和のとれた共生社会」を目指すための推進計画をまとめ、5日に発表したばかり。「トラブルを起こさないペットの飼い方の徹底」などを図るのだそうだ。動物の好き嫌いを超えたルール、それができればいいのだが。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中