「ヒマ人では?」の声に 東国原知事ブログで反撃

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事が、地元企業が募集した「宮崎県知事と行く!!ソウルチャーター」ツアーに同行することが決まった。2007年7月4日から2泊3日の予定。テレビ局への出演も相変わらず多く、「そんなにヒマなのか」と疑問の声も出ている。これに対し、知事はブログで多忙な実態を明かし、反撃に出た。

「知事と行くソウルツアー」も公務の一環

忙しさぶりを描いた東国原・宮崎県知事のブログ「そのまんま日記」
忙しさぶりを描いた東国原・宮崎県知事のブログ「そのまんま日記」

   ツアーは、宮崎市の宮崎交通が企画した。同社によると、5月22日9時に受け付けを始め、わずか3時間で150席が完売した。値段は6万9,800円~10万9,800円。キャンセルに備え「補欠」の受け付けは続けている。また、チャーター機を大型に変更し、計260席まで増やすことも検討している。ツアーでは、知事との懇談夕食会を1回予定しているが、県側からは公務の都合次第と条件を付けられており、パンフレットでは「懇談夕食会!?」と表記している。担当者は「夕食以外にも知事の飛び入りがありえると期待しています」。

   宮崎県観光・リゾート課によると、知事の訪韓は、ツアーの話が出た3月より以前から公務の一環として計画が進んでいた。東国原知事は、就任直後から韓国からの観光客を増やすことに意欲を見せていた。公務として、観光のトップセールスと、現在週3往復の宮崎―ソウル定期便の増便を要請するため、韓国の運行会社アシアナ航空本社を訪れるのが主な目的だ。宮崎交通がソウルへのチャーター便を出す計画を知り「どちらともなく」知事が同行する形のツアーの企画がまとまった。

   ツアーでは、帰りの便も知事が一緒の予定。宮崎交通側が期待する、知事との夕食や「観光飛び入り」については「公務を優先しながらも、参加に前向きに調整したい」。知事のツアー参加に関する意見は、23日16時現在、特に寄せられていないという。

   ただ、本人の耳には「知事の仕事は意外に暇・楽なのでは?」という声が届いているようだ。知事のブログ「そのまんま日記」の5月22日に、上記の内容の声を紹介し、「という信じられない声を聞いたりする」と触れ、反論している。忙しいと主張しているのだ。

   続いて「別に忙しいのを自慢している訳ではないが」として、ある1日のスケジュールを記している。「TBS『朝ズバ!』―庁議~」と続き計10個の公務を紹介。うち、5個は記者会見や雑誌取材などマスコミ関係の仕事だ。「表敬(読売新聞支局長)」という公務も含まれている。さらに公務の間に「レクチュアー(ママ)」が1日平均10回くらい入るとも書いている。公務が終わってからも「政治家としての活動が入る」と会合への出席などを例に挙げている。

テレビに出すぎだという批判は、届いているが…

   「身体大丈夫ですか?」と心配されるとも書き、激務ぶりを訴えている。確かにお疲れの様子で「時々、目覚ましをセットしないで寝る日を3日くらい欲しいな~とか思ったりする。ずっと本を読んで、疲れたら走る。そんな生活をしてみたい・・・」とも。

   知事同行の韓国ツアー販売には一言も触れていないが、ブログのほぼ最後の1行に「まだまだ、東国原グローバルの闘いは続く」とある。海外関係の記載は見当たらないが、ブログの見出しも「東国原グローバル」だった。

   知事が忙しいのは確かだが、知事のテレビ出演や県外出張の多さ、海外旅行ツアー同行などについて、「暇がそんなにあるのか」との批判の声が知事側に寄せられているのも確かなようだ。

   「こんな所なんかに宣伝に来るぐらい暇なんですね」。東国原知事が東京都葛飾区で催す宮崎物産展を訪れる予定がある、と聞いた近くの住人と思われる人が5月18日にブログに書き込んだ内容だ。

   J-CASTニュースの取材に対し、宮崎市に事務所がある東国原知事の後援会の関係者は「そんなに暇なのか、という直接の批判や疑問の声は届いていない」と答えた。ただ、テレビに出すぎだという批判は、メールなどでこれまでに数十件届いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中