松ちゃん初監督 天才か、無能か

印刷

   ダウンタウンの松本人志さん(43)の初監督作品「大日本人」の評価がメディアの中でも分かれている。カンヌ国際映画祭での公式上映を終えて、「海外からオファー殺到」「観客爆笑」といった景気の良い報道があったかと思えば、「監督としての才能がないのではないか」という観客の声を紹介するメディアもあるのだ。

   作品は、松本監督が主演。松本監督が扮する代々伝わる教祖が、巨大な日本人「大佐藤」に変身し、街中の「獣」を退治していく、というストーリーだ。

配給オファーが殺到?

「松本作品」のカンヌでの評価は割れている?
「松本作品」のカンヌでの評価は割れている?

   第60回カンヌ国際映画祭の関連企画「監督週間」に出品され、2007年5月19日深夜(日本時間で5月20日)公式上映され、約800人が鑑賞した。この上映への各紙の反応が分かれているのだ。

   共同通信は「観客の爆笑で迎えられた」と好意的に報じており、日刊スポーツは

「午後10時開始という遅い時間にもかかわらず、会場には1時間前から行列ができ、超満員となる約800人が殺到。上映中には随所で笑いが起こるなど、日本での封切りを前にカンヌで認められた格好となった」

と、「カンヌで認められた」と、持ち上げてみせた。

   サンケイスポーツは「配給オファーが殺到」として、現地時間の5月21日午前までに

「北米、欧州、アジアの計10カ国から問い合わせがあった」

とする宣伝担当者の声を紹介、順調なスタートぶりを報じている。

   その一方で、若干冷ややかな見方をするメディアもある。

   夕刊フジは、観客からの「賞賛」とかけたと見られる「笑惨」という見出しをかかげ、現地での「不評」ぶりを報じている。地元のジャーナリストや編集者の

「アイデアは良いが、編集がうまく行っていないような気がする。監督としての才能がないのではないか」
「公式上映から1日以上が経過したが、まだ、強力に松本作品をプッシュする評論家がいない」

といった辛辣な声を紹介している。

上映中に、数人の観客が席を立った

   スポーツニッポン

「映画が進むにつれ、狙ったシーンで笑いが起きなかったり、全く意外なところで笑いが漏れたり、海外公開の難しさも感じた様子」

としているほか、各紙の囲み取材に応じた北野武監督が、松本監督から「上映中に、数人の観客が席を立ったことがショックだった」と打ち明けられたことを明かし、「才能が無いわけじゃない。お笑い同士だし、これからも応援していきたい」などと励ました。

   もっとも「大日本人」が日本全国で公開されるのは6月2日で、まだ10日もある。駄作か秀作かの評価が定まるのは、ずっと先のことになりそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中