ミス・ユニバース写真 日本、韓国、タイ代表皆そっくりさん

印刷

   日本代表が48年ぶりに優勝の栄冠を手にした「ミス・ユニバース」だが、思わぬところで混乱が発生している。スポーツ紙が優勝した日本代表の森理世さんの写真として別人の写真を掲載、指摘を受けて「(韓国代表の)イ・ハニさんの写真でした」と、訂正・謝罪したが、実はその写真はタイ代表のものだった、というのだ。同じような水着、メイク、髪型で審査に臨むことから起きた「珍事」だ。

間違って韓国代表の写真を掲載、お詫びも間違い

ヤフーの写真特集ページではまだ『韓国代表』と紹介されている
ヤフーの写真特集ページではまだ『韓国代表』と紹介されている

   発端は、2007年5月30日付けの「日刊スポーツ」(東京本社版)に大きく掲載された記事。「水着姿を披露する日本代表の森理世さん」というキャプションがついていたが、これが別人の写真だったのだ。夕刊フジは同5月30日、誇らしげに「日韓代表写真掲載ミス」という見出しでこの事実を紹介、日刊スポーツに掲載された写真は「AP通信がメキシコから配信したもので、配信時の写真説明には英文で『Honey Lee, Miss Korea 2007』と書かれていた」と、間違って韓国代表の写真が掲載されていたことを指摘した。これを受けて日刊スポーツ側は31日付けで

「同コンテスト4位の(韓国代表の)イ・ハニさんの写真でした。森さんをはじめ、関係者の方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします」

とのお詫び記事を掲載したのだ。

   ところが、このお詫びさえも間違っていた可能性が高いのだ。「日刊ゲンダイ」は6月2日、AP通信が「なぜか、韓国代表とはまったくの別人を『韓国代表のイ・ハニさん』と世界中に配信してしまった」と指摘。その結果

「本紙を含め、そのまま写真を使った写真が続出。混乱を招いているのだ」

と釈明、実は写真はタイ代表のものと思われる、と紹介している。確かに、前出の「夕刊フジ」でも、「韓国代表」として掲載されている写真は、今回新たにタイ代表だとして紹介されている人の写真だ。海外ニュースは通信社からの配信に頼る新聞社も多いだけに、現場が混乱しているのは間違いなさそうだ。

同じような水着、メイク、髪型で審査に臨むのが原因

   翌6月3日放送のTBS系の情報番組「アッコにおまかせ!」では、この話題を何故か「おまかせ独占スクープ」として紹介。AP通信担当者は同番組に対して「5月30日の日刊スポーツに掲載されたのは、イ・ハニさんでもないんですよね…」とコメントした、としている。

   同番組では、日本代表、韓国代表、タイ代表の写真を並べて、そのソックリぶりに盛り上がっていたが、似てしまう原因は

「公正を期すために、同じような水着、メイク、髪型で審査に臨むため」

なのだそうだ。
   AP通信では、各英語のポータルサイトにもニュースを配信しているが、それをみる限りでは、特に訂正記事が出ている様子はない。ただ、ほとんどの記事では、韓国代表の正しい写真に差し代わっている。その一方で、ヤフーの写真特集ページでは未だに元々の写真が「ミス韓国」として紹介されているままだ。

   ミス・ユニバースを特集している英語ブログでも写真が転載されている例があるが、「これはタイ代表の写真です。差し替えてください」といったコメントが相次ぐなど、事態は混乱気味だ。

   なお、AP通信の東京の写真部に問い合わせたところ、「現段階では東京ではお答えできない」としている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中