紀香「ご当地婚」大ウケ 関西人の地元意識くすぐる

印刷

    女優・藤原紀香さんとお笑い芸人・陣内智則さんの披露宴がテレビで放送され、関西地区で異例の高視聴率を記録した。地元の神社で挙式、地元のホテルで披露宴、さらには地元ミュージシャンの歌を披露するなど、徹底して「関西」にこだわった2人。地元へのこだわりが、関西での高視聴率を招いたようなのだ。

挙式、披露宴、着物…何から何まで「関西」

紀香・陣内の結婚披露宴は関西で大きな感動を呼んだ(日テレより)
紀香・陣内の結婚披露宴は関西で大きな感動を呼んだ(日テレより)

    藤原紀香さんは2007年6月4日、自身のブログの中で披露宴を終えた感想を次のように述べている。

「披露宴の興奮、感動、冷めやらず、今はただただ、皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです」「ここがゴールではなく、スタート。これからの人生を生きるのがまた楽しみです。『紀香魂』を磨き続けますます頑張ります\(^o^)/」

    感動にひとしおと言った様子だが、紀香さんは結婚前からブログで地元神戸での挙式に言及するなど、「結婚は地元で」ということを述べていた。

   実際、紀香さんと陣内さんは2007年2月17日、神戸市内の生田神社で挙式。このとき2人が着ていた十二単と束帯は京都府内で製作されたものだった。披露宴はこれまた神戸市内にあるホテルオークラ神戸で07年5月30日に行われ、陣内さんはコブクロの「永遠にともに」をピアノで弾き語り感動を呼んだ。ちなみにコブクロは大阪を中心に活動してきたミュージシャンだ。まさに、2人の「結婚」の何から何までが「関西ローカル」から成り立っていたのである。

   「関西」へのこだわりが功を奏してか、披露宴のテレビ中継は関西地区では40.0%を叩き出した。一方、関東地区は24.7%に過ぎず、視聴率の「西高東低」は顕著。視聴率が関西と関東でこれほどの差が出るのは、神戸などを舞台にしたTBS系ドラマ「華麗なる一族」以来のことで、紀香・陣内の結婚も「ご当地ネタ」とした受け入れられた傾向があるようだ。

兵庫県内への経済波及効果120億円

    こうした、「ご当地婚」の地元への経済効果も莫大で、日本銀行神戸支店は07年3月2日に最大で120億円の兵庫県内への経済波及効果があるとの試算を出している。これは、紀香さん・陣内さんの結婚をもとに観光客やブライダル業界での需要の高まりを数値化したもの。同行同店はJ-CASTニュースに対し、この数値が披露宴前の3月時点での試算であることを踏まえたうえで、「2人の結婚で、県内経済のさらなる経済効果に期待したい」と話している。

   紀香さんと陣内さんが式を挙げた生田神社では、約230件の挙式の申し込みが現在までにあった。06年は挙式の申し込みは160件ほどで、既に昨年実績を上回っていることになる。生田神社では、07年の年間挙式数を06年実績の1.7倍~1.8倍になると予想している。
   生田神社へは挙式についての問い合わせが相次いでおり、すでに「大安」や「友引」といった結婚に縁起のいい「日和」には、「時間やお部屋を調整するのが難しくなっている」状態だ。同神社は県内で最も有名な神社であるが、挙式するのはほとんど地元の人。挙式の数は急激に増えているが、「にわか的な人はそれほど多くないのでは」と語る。どうやら、他県からの「押しかけ」の挙式が増えているわけではなく、地元の人がこぞって「生田神社で」ということで、挙式する現象のようなのだ。

   一方、披露宴が行われたホテルオークラ神戸は、「日にちが披露宴から間もないということもあって予約数が急増しているわけではない」としながらも、

「これまで芸能人といえば東京で活躍なさる方が多いので、神戸でもこれだけの大物女優の結婚はこれまでになかったこと。集客についてはこれから期待したいと思っています」

と、これからの集客の伸びについては期待感が高まっている。
   「地元意識が強い」といわれる神戸で行われた「ご当地婚」が、関西人の地元意識を強く喚起させ、高視聴率という高い注目度と、莫大な経済効果を地元にもたらしているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中