「消えた年金」一番深刻な事態 社保庁職員ネコババはどうする

印刷

   年金保険料を払ったはずなのに、社会保険庁の事務処理ミスなどで記録が残っていない「消えた年金」問題が国会の大きな焦点になっている。しかし、単なる記録漏れではなく、社保庁職員が保険料を「ネコババ」していたらどうなるのか。証拠を見つけるのは困難なことは容易に想像できる。事実、過去には社会保険事務所の職員が年金保険料の業務上横領容疑で逮捕された事件が起きている。

ニセ領収書渡して横領した事件も

振り込め詐欺への注意を呼びかける社会保険庁のホームページ
振り込め詐欺への注意を呼びかける社会保険庁のホームページ

   消えた年金の中には、事務的ミスとは言えないものも含まれているのは間違いない。社会保険事務所の職員が年金保険料の業務上横領容疑で逮捕された事件が過去に何度も起きているのだ。

   06年8月には、長野県警が長野南社会保険事務所の当時の保険料係長を業務上横領容疑で逮捕した。徴収した国民年金保険料を実際に受け付けた件数より少ない件数でコンピューターに入力し、23人分32件の計約190万円を着服した疑いが持たれた。事務所側で管理する領収の書類を容疑者が管理し、保険料が納められたことを分からなくしていたという。

   静岡県警は05年11月、浜松東社会保険事務所の元徴収課長を同じ容疑で逮捕した。車部品加工会社など2カ所の事業所から徴収した厚生年金保険料や健康保険料約400万円を着服した疑いがあるとされた。にせの領収書を渡していた。

   また、新潟県警は02年11月、新発田社会保険事務所の元国民年金推進員を逮捕した。同事務所で非常勤で働いていた。1家族の国民年金保険料10カ月分13万円を着服したとされた。保険料を納めたのに督促状が来たことで苦情が相次ぎ、同事務所の調べで計14件48万円を着服していたとして告発されていた。

   結果的には発覚したわけだが、ばれないよう偽装工作をしている例がある。金は懐に入れて、社会保険庁には入金の記録を残さなかった場合、領収書でも保存していないと、証拠はいっさい存在していないこともありうる。

「ネコババ」が結構あることを、社保庁自身認識?

   社会保険庁職員課によると、1997年から2006年までの10年間に職員による業務上横領事件は17件あった。05年に2人、06年も2人処分対象者が出ている。07年もすでに1人いる。職員が発覚時に退職していない限りすべて免職で、横領した額も返還させているという。発覚したのは氷山の一角ではないのか、との質問に対しては、「そんな事態は100%想定できない」と全否定した。横領した職員が横領したままにすると、未納による督促状が被害者へ届き発覚するケースもある。長期に渡って横領を続けられながら被害者が気がつかないとは考えにくいという。最初の横領から1年以内など比較的短期間で発覚しているという。

   では、督促状の手配まで手を回していたらどうなるのか。発送時に関与したり自宅ポスト投函時に待ち伏せしたり。過去の逮捕事例や処分事例を知れば、督促状対策が必要なことは思いつきそうなものだ。同課は内部監査で発覚した例もあるというが、06年8月末の免職処分発表時の再発防止策として「日々の確認、月ごとの確認の徹底を、局長より各事務所の所長あて指示した(ママ)」と挙げるほどのレベルだ。「確認行為の決裁が上司に上がらず注意したが是正に至らず結果として詐取行為を発見できなかった」ことを受けた措置だとしている。

   年金問題に詳しいジャーナリスト、岩瀬達哉さんは、6月4日の毎日新聞の夕刊(東京版)で年金問題について取材に答え「(社会保険庁の)汚職事件になった携帯金銭登録機の導入の背景には、保険料を預かっても適切に処理しない職員が多かったこともあるそうです」と答えている。逆に言えば、「ネコババ」に近いケースが結構あることを、社保庁自身認識しているのではないか、というわけだ。

   6月6日の読売新聞朝刊(同)は、年金相談をしている社会保険労務士らの間で「(発覚した職員による着服事件の)ほかにも保険料徴収担当者の着服があったのではないか」との見方が出ている、と報じている。

   社保庁に記録はなかったが、領収書などを提示して記録を回復した人は、06年8月から同12月までに同庁が受けた相談で55人。認められた例は、領収書が残っていたほか、保険料を引き落とした銀行や郵便局の通帳記録や細かく記録した家計簿を保存していたなどだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中