黒すいか、1玉最高53万円なり

印刷

   黒い皮が特徴の高級スイカ「でんすけすいか」の初競りが2007年6月7日に旭川市の青果市場で行われ、1玉の最高値はエーコープ旭川が落札した53万円だった。この日は旭川と札幌で計55個が競りにかけられ、平均の落札価格は1万円~2万円。
   なぜそのうち一玉が53万円になったのかをJ-CASTニュースがエーコープ旭川に尋ねたところ、

「『でんすけすいか』は地元の特産品のため、農家に頑張ってもらいたい、という景気付けなんです。毎年頑張って高値で競り落としています」

と話してくれた。

   7月のピーク時には5,000円前後で店頭に並ぶそうだが、この53万円のすいかはどうやって売るのかについては、「買い物に来てくれたお客様に食べてもらいます」。
   6月10日に同社のスーパー「ホクレンショップ豊岡店」で、重さが約9キロあるすいかを切り分けて40人~50人に無料で振舞うのだという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中