リクルートが新本社に託児所設置

印刷

リクルートは2008年1月の本社機能を東京・八重洲に移転するのにあわせて事業所内に託児所を設ける。定員15~20人で、同社の人事支援室は「保育士を採用し、しっかりした教育プログラムを取り入れる」とし、広報部は「部署によっては勤務時間も長くなるので託児所を設けることで安心して働いてもらえる」と話している。
同社の女性従業員は全体の約60%を占めており、子育て支援を強化している。07年6月1日からは、ベビーシッターサービスを提供する会社・団体と一括契約を結んで、全国の主要都市で働く従業員が希望すれば、自宅にベビーシッターを派遣する制度を導入した。また、07年7月からはネット上に「社内掲示板」を設置して、育児休職中の女性従業員に仕事と育児を両立している女性からの情報を提供して、そのノウハウを活かしたり、上司からのメールを送ったりして、職場復帰に向けた支援にも乗り出す。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中