トヨタ、燃費高めるエンジン機構を開発

印刷

トヨタ自動車は2007年6月12日、エンジンの燃費を向上させる新技術「バルブマチック」を開発したと発表した。シリンダーに流入させる空気量を、アクセルの踏み込み具合に応じて調節する仕組みを改良した。従来はシリンダーから離れた弁のしぼりで調節したいたが、今回の技術ではシリンダーに直結する吸気バルブの開閉幅を連続的に変化させて調節する。2リットルエンジンの場合、燃費が5~10%向上するとされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中