スティール代表記者会見「経営者を助けに来た」

印刷

サッポロホールディングスブルドックソースなどへの買収攻勢で注目されている米投資ファンドのスティール・パートナーズのウォレン・リヒテンシュタイン代表は2007年6月12日、東京都内で記者会見に応じ、相次ぐ敵対的買収などの批判に対して反論した。
スティールの代表がメディアの前に姿を見せるのはきわめて異例とあって、会場には200人近い報道陣が詰めかけた。
代表は日本企業が進めている買収防衛策を「違法なもの」としながらも、「(スティールの動きが)誤解されている。日本の経営陣の啓蒙と理解を得るのが目的」と説明した。「われわれは経営陣を助けにきた。大きな投資家であり、経営に成功してほしい」と、長期的な投資で企業価値を高めるスタンスを強調した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中