蒼井優、新CMで「赤い色素の無糖茶」アピール

印刷
キリンビバレッジが発売した「キリン アイティー(I-Tea)」
キリンビバレッジが発売した「キリン アイティー(I-Tea)」

   キリンビバレッジは2007年6月26日、赤い色素を配合した無糖茶「キリン アイティー(I-Tea)」を発売、CMには「癒し系」として知られる女優の蒼井優さん(21)を起用する。

   ウーロン茶をベースにジャスミンの香りをブレンド、すっきりとした味わいにまとめた。さらに、植物由来の赤い色素「アスタキサンチン」を、同社独自の「ナノ微粒子化加工」で微粒子にし、無糖茶に飲みやすく配合することに成功。パッケージも赤をベースにしたスリムボトルに仕上げている。赤は活力を連想される色だとされており、同社では「高度にIT化された現代人を(赤という)色素補給でサポートしたい」と意気込んでいる。350ml入りペットボトルで、希望小売価格は180円(税別)。

蒼井さんはCMで「アスタキサンチンの精」を演じている
蒼井さんはCMで「アスタキサンチンの精」を演じている

 

 

   6月27日に放映が始まるCMでは、壮大な高原の中で、蒼井さんが赤いドレスで「アスタキサンチンの精」を演じ、ITに囲まれて乾いた生活が、同製品を飲んで潤っていく様子を歌と「赤が入る。いのちが入る。」というテロップで表現。楽曲は、今回のCMのためだけに書き下ろされ、現代人の心のつぶやきを、懐かしいメロディーに乗せた。スタジオではなく長野県のロケ現場で録音し、臨場感を出した。

   詳細は http://www.beverage.co.jp/i-tea/ へ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中