明知鉄道も「せんべい」で再建 柳の下に「ドジョウ2匹」いた

印刷

   「ぬれ煎餅」を販売し経営危機を回避した銚子電鉄にあやかろうと、岐阜県にある赤字鉄道会社、明知鉄道が2007年5月から「おらが鉄道せんべい」の販売を始めた。すると、これが売れに売れて完売状態。同鉄道では「赤字解消につながりそうだ」と期待を込めている。柳の下に2匹目のドジョウがいた、というわけだ。

「銚子電鉄にあやかりたい」と始める

公式ブログでは「生産が追いつかない」とつづられている
公式ブログでは「生産が追いつかない」とつづられている

   明知鉄道は旧国鉄明智線を引き継ぎ、1985年に第三セクター方式で開業したが、以来22年間の赤字続き。負債額は約3,200万円。乗降客は年々減り、現在はピークだった頃の半分、一日平均1130人になっている。

   経営難から抜け出すために、客の自転車を列車に乗せて途中駅からサイクリングを楽しむ「チャリンコ列車」や、列車の中で季節の料理を楽しむ「グルメ列車」などイベントを企画してきた。そんな中、一筋の光明のように飛び込んできたのが、銚子電鉄の「ぬれ煎餅」人気だったのだという。明知鉄道はJ-CASTニュースの取材に対し、「おらが鉄道せんべい」誕生の経緯を、

「銚子電鉄にあやかりたい、というわけで始めたんです。新たな名物に位置づけ、それが経営改善への起爆剤になってほしいと考えました」

と語った。

   07年5月から発売した「おらが鉄道せんべい」は、中津川市の業者が販売している手焼きせんべいを仕入れ、鉄道のイラスト付きのパッケージに入れたもので、ピーナツ入りやココナツ風味など4種類。6枚入が250円で、10枚入り350円という値段だが、販売直後から「せんべい」は売れまくった。入荷は週1回だが、入荷して3~4日で完売。販売個所は恵那、岩村、明智の3駅と同鉄道本社の4箇所。月に合計1300パック入荷するのが限界で、買えない人が続出しているという。

子供の頃から親しんでた鉄道がピンチと知った

   同鉄道では人気の理由を、味がいいことと、メディアが興味を持って報じたこと、としている。客層は50代以上が多く、自分達が子供の頃から親しんだ鉄道がピンチと知って買いに来てくれたのではないか、と分析している。ただし、心配も出ている。

「せっかく買いに来てくれたのに品切れで、ガッカリされて帰るお客様に本当に申し訳ない気持ちです」

   入荷を増やすことは今のところ難しいというが、それでも毎月400万円~500万円の売り上げが見込め、売り上げの1割ほど利益が出るということだから、赤字解消に一役買うのは間違いないのだ。

   一方、「先輩」の銚子電鉄だが、07年6月27日に出した07年3月期決算で、「ぬれ煎餅」の売り上げが前期比約1億円増の約2億8000万円になったことが分かった。乗客数も約71万3千人と同6万人増えた。「せんべい」効果で、再建が着々と進んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中