東知事のテレビ出演 「公務」なのにギャラもらう

印刷

   宮崎県PRのために「公務」としてマスコミに出まくっている東国原英夫知事が、出演した報酬をテレビ局などから受け取っていたことがわかった。就任以来、合計するとテレビ出演料だけで300万円以上になるという話もある。ネット上には「ノーギャラじゃなかったの?」といった疑問の声も出ている。

県外のテレビ局や雑誌社からはカネをもらう

「テレビ出演はノーギャラじゃなかったの?」という声も
「テレビ出演はノーギャラじゃなかったの?」という声も

   東知事のメディアからの報酬受け取り問題は、「週刊文春」が2007年7月5日号で伝えている。報酬の額だが、東事務所の後援会関係者の話として書かれているのが、ニュース番組やワイドショーからは3~5万円、バラエティーは10~15万円程。では、これまで合計でどれくらいもらっているのか。宮崎県庁秘書広報課によれば、マスコミの取材を受けたのが07年6月24日までに216件。うちテレビの取材は121件で、「週刊文春」の試算によればテレビ出演料だけで「300万円を下らない」そうだ。

   東知事は07年6月29日付のブログで、報酬を受け取っていたことを認めた。そこにはこう書かれている。

「県外のテレビ局や雑誌社から、出演や原稿執筆、取材等に対して一定の謝金(報酬)を頂いている。それは事実である。額は、政治家や文化人に支払われる応分の額と認識している」

   報酬を何に使ったのかといえば、後援会維持運営。また、知事報酬が20%カットされていることや、ボーナスが副知事や多くの議員より低いため、補填しているのだそうだ。一方で地元メディアの取材では一切報酬を受け取っていない、とし、こんなことを書いている。

「僕がテレビ局等から謝金を頂くのは、謂わば外貨を稼いでるようなものである。外貨を稼いで、県や市に所得税や住民税として納税するのだ」

神奈川も千葉も「ギャラをもらうことはありません」

   そもそも、県知事が「公務」でマスコミに登場した場合、報酬を要求するものなのか。東知事はテレビ出演を「公務」だとブログで何度も書いていて、07年5月22日付けでもTBS系「朝ズバッ!」出演を「公務」と書いている。他の県知事はどうなのか。
   松沢成文知事のいる神奈川県庁報道課は、J-CASTニュースの取材に対し、

「ギャラをもらうことはありません。芸人さんじゃないし」

と笑って答えた。神奈川県のPRや、知事の意見を述べさせてもらえるありがたい機会であり、お金を払っても出たい場合もあるという。知事の給料の内、という考えだろう。
   堂本暁子知事のいる千葉県庁知事室では、

「取材は知事の『公務』ととらえていますので、出演料を受け取ることはありません」

と、いずれも東知事が報酬を受け取っていることに首を傾げた。

東知事の報酬「宮崎県庁は関与していません」

   東知事に出演料を払っていないと言われているある大手キー局の広報は、J-CASTニュースの取材に対し、

「一般論として、公務員の方が『公務』で広報しているのを、ニュースで取材したときに、出演料は発生しません」

と話した。

   宮崎県庁秘書広報課は、東知事のマスコミ報酬について、

「関与していないし、県ではわからない」

と当惑気味のコメントをJ-CASTニュースに出した。東知事への取材依頼は同課が取りまとめているのだが、東知事のギャラに関して一切わからないのだという。ということは、東知事の後援会事務所が主導していることになると思うのだが、J-CASTニュースが後援会事務所に連絡を取ったところ、この件について

「(知ってる人は)今いません」「わかりません」

を繰り返すだけだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中