小海線でハイブリッド車両運行へ JR東日本

印刷
ディーゼルと電池を併用して走行する「キハE200形」
ディーゼルと電池を併用して走行する「キハE200形」

JR東日本は2007年7月3日、ディーゼルと電池を併用して走行するハイブリッドシステム車両「キハE200形」の営業運転を、07 年7 月31 日から山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶ小海線で始めると発表した。ハイブリッド列車の営業運転は世界で初めてだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中