奥菜・ミクシィ社長「熱愛」 ガセネタだった?

印刷

   「ミクシィ」の笠原健治社長(31)との「熱愛」が週刊誌に報じられた女優の奥菜恵さん(27)が、「(笠原氏とは)面識もない」と否定した、とスポーツ紙などが報じた。笠原社長自身もすでに否定、どうやら「ガセネタ」だったらしい。

   記事によると、奥菜さんは2007年7月4日、弁護士を通じて一部マスコミにコメントを発表した。「IT企業の方との熱愛報道が出されましたが、面識もありませんし、先方の方にもご迷惑をおかけすることになりますので、この場を借りて否定させていただきます」とした。日刊スポーツサンケイスポーツ紙などが報じた。コメントの主な目的は、先にあった「引退報道」の否定にあった様だ。

笠原社長からメールで「1度も会ったことない」

   また、同じく7月4日、笠原社長と親交があり、奥菜さんの元夫、藤田晋・サイバーエージェント社長(34)も「独自取材」に基づき熱愛否定に一役買った。東京都内であったパーティーで、熱愛報道を信じて笠原社長に「幸せにしてください」とメールを送った話を披露し、「『1度もあったことがない』と返信が来ました」と話した。

   笠原社長は、すでにJ-CASTニュースが07年6月28日に報じたように、ミクシィの広報担当を通じて「そのような事実は一切ございません」と否定していた。自身のミクシィ日記でも6月28日夕の更新で「某週刊誌でお付き合いを書かれていますが、そのような事実はまったくございません。お騒がせ(?)して申し訳ないです」としていた。

   発端の「熱愛」を報じたのは、首都圏で07年6月28日に発売された「女性セブン」(7月12日号)の記事だ。記事の中では「笠原氏に奥菜との関係について会社を通じて尋ねたが、締め切りまでに回答は得られなかった」としていた。7月4日の二重の「否定」コメントで、「登場人物」3人がそろい踏みで「熱愛」を否定したことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中