えー仮面ライダーって 大人が見るものだった!

印刷

   「仮面ライダー」といえば、「お子様向け」の特撮だったはず。ところがここ数年は、「大人向け」も制作されている。イケメン俳優が起用され、女性ファンも増えるなど「変身」ぶりが目立つ。

「仮面ライダー」史上初めて、「PG-12」指定を受ける

「仮面ライダー THE NEXT」(c)2007「仮面ライダー THE NEXT」製作委員会 (c)2007 石森プロ・東映
「仮面ライダー THE NEXT」(c)2007「仮面ライダー THE NEXT」製作委員会 (c)2007 石森プロ・東映

   仮面ライダーは、1971年に4月にテレビ放映が始まり、当時の子どもたちは「ヘンシン!」というかけ声とともにポーズを取ったり、おまけのカードを目当てにスナック菓子がよく売れるなど、70年代のヒーローブームを支える存在だった。まさに「子どもヒーロー」だったと言っても良い。
   ところが、ここにきて中身が急に変化、どうやら、大人のファンも増えているようなのだ。

   00年から放映されたテレビシリーズ「仮面ライダークウガ」以降の作品は「平成仮面ライダーシリーズ」と呼ばれることが多いが、同シリーズではイケメン俳優が多数起用され、「イケメン路線」が定着。イケメン目当ての「大人の女性ファン」も少なくない。

   07年7月4日に制作発表された最新作「仮面ライダー THE NEXT」(10月27日公開)でも、ちょっとした異変が起きた。

   というのも、「仮面ライダー」史上初めて、「PG-12」指定を受けたのだ。「PG-12」とは、映倫(映画倫理管理委員会)による映画鑑賞のガイドラインのひとつで、「12歳未満が見る際には、出来る限り保護者の同伴を求める」というもの。顔の傷跡が生々しい惨殺遺体が映るシーンが登場することなどが、指定の理由と見られている。
   もっとも、制作サイドはこの指定をマイナスだとは捉えていないようで、田崎竜太監督自身も、

「『仮面ライダー』にとっては怪奇性、恐怖感というのは大事な要素だと思ってます。PG-12という制限を恐れずにそこに踏み込むことで、今までとは全く違う『仮面ライダー』になったと自負しています」

とコメントしている。

「お子様は見てはいけない」というわけではない

   ちなみに同作品、テレビシリーズとは別に石ノ森章太郎さんの原作をもとに制作され、05年11月に公開された「仮面ライダー THE FIRST」の続編で、「仮面ライダーV3」が劇場版としては27年ぶりに登場、秘密結社「ショッカー」との戦いを描く。

   東映ビデオの宣伝部では、同作品について

「いわゆる『大人』向けです。子どもにテレビで仮面ライダーシリーズをご覧になった方をはじめとする全てのライダーファンの方々に、今までに無いテイストを感じていただければと思います。もちろん『お子様は見てはいけない』という訳ではないので、親御さんと一緒に、家族で楽しんでいただければ」

と話している。

   もっとも、この作品の登場で、仮面ライダーシリーズ自体が「大人向け」にシフトする訳ではなく、8月4日公開の「仮面ライダー 電王」など、児童向けの作品も引き続き公開される予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中