中田ヒデ、旅の最終章 「セレブの国」モナコに居住

印刷

   元サッカー日本代表の中田英寿さん(30)が現役引退を表明してから1年が経つ。引退後は「世界で旅を続けている」とされてきたが、フランスに囲まれた小国「モナコ」に家を構え、居住権を取得したことが明らかになった。そろそろ旅を終えて腰を落ち着けそうな雰囲気だが、この「モナコ」とは、どんな国なのか。

テニスの伊達公子や、F1の佐藤琢磨が住む

公式サイトのメッセージは6月15日以来更新されていない
公式サイトのメッセージは6月15日以来更新されていない

   モナコは、正式には「モナコ公国」といい、3方をフランスに囲まれた都市国家だ。人口は約3万2,000人(00年現在)で、面積はわずか1.95平方キロメートル。バチカン市国に次いで、世界で2番目に狭い国だ。F1のモナコグランプリが開催されることでも知られ、カジノなど、観光産業に力を入れている。モナコ政府観光会議局によると、日本人も年に約1万人が宿泊、単に訪れるだけの観光客はもっと多い。

   観光するだけなら、日本人にとって必ずしも縁遠くはなさそうだが、住むにあたっては、そうでもなさそうだ。モナコ在住の有名人としては、元プロテニスプレーヤーの伊達公子さんや、F1ドライバーの佐藤琢磨さんが有名で、「美しい歩き方教室」を展開していることで知られるデューク更家さんも、家族とともに住んでいたことがある。このメンバーを見ただけでも、いかにも「お金持ち」的な雰囲気が漂うが、モナコ在住の日本人が作成した情報サイト「モナコインフォメーション」では、同国のことを

「モナコは金持ちの為の国です。 金に匂いはない、と言いますが、どのような仕事であれ金持ちになった人達に、住みやすいように作った国、それがモナコです」

と表現されている。いわば国全体が「勝ち組」「(すごろくで言う)上がり」の人々のための空間、とも言えそうだ。

日本人の長期滞在者は62人、永住者は4人

   実際に、モナコ在住の日本人はそんなに多くなく、外務省の領事政策課によると、3ヶ月以上の長期滞在者は62人で、永住者は4人だ(05年10月現在)。この66人の中に、中田さんは仲間入りをした、ということのようだ。

   中田さんが所属する「サニーサイドアップ」はJ-CASTニュースの取材に対して、中田さんがモナコに自宅を構え、居住権を取得したことについては認めたものの、取得の時期や経緯については

「プライベートなことなのでコメントできない」

と話している。

   日本代表のオシム監督は6月21日の講演で、中田さんについて「(日本代表への)扉は開かれている」と、事実上のラブコールを送ったばかり。今回のモナコ市民権取得が、「復帰説」にどのような影響を与えるかどうかは不明だ。中田さんの生の声を伝えるほぼ唯一のメディアとも言える、公式サイトのメッセージは6月15日以来更新されておらず、中田さんの真意は不明なままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中