取材拒否TBSが何故か J-CASTニュースに取材

印刷

   J-CASTニュースの取材を拒否し続けているTBSだが、何故かJ-CASTニュースの記事をめぐり、TBSの番組から取材があった。「他人に取材はさせないが、自分は取材する」という、あきれたスタンスなのか。なんて、お堅いことを言うつもりはないが、念のためにTBSに聞いてはみた。

「アッコにおまかせ!」のスタッフが取材

J-CASTニュースはTBSの取材にも応じた
J-CASTニュースはTBSの取材にも応じた

   2007年3月26日、J-CASTニュースが、「みのもんた氏がTBSの女性アナウンサーにセクハラをした」という疑惑をめぐって、同局の対応をTBS広報部に質問したところ、

「週刊誌の内容をもとに質問してくるような姿勢は心外だ」

などとして、J-CASTニュースの取材には応じないことを明言した。

   それ以来、取材拒否の状況が続いてきたが、2007年7月12日17時ごろ、逆にTBSからJ-CASTニュースに取材があったのだ。毎週日曜日放送のバラエティー番組「アッコにおまかせ!」のスタッフを名乗る男性が、記事内容について取材したいとして編集部に電話をかけてきた。

   番組の目に留まったのは、J-CASTニュースが前日の7月11日夜に配信した記事「中田ヒデ、旅の最終章 『セレブの国』モナコに居住」。中田英寿さんがモナコに自宅を構え、居住権を取得したことについて報じたものだ。所属事務所に確認取材をしているのが、今のところJ-CASTニュースしか確認できないことから、注目されたようだ。

   取材内容は、「情報はどこからつかんだのか」「どんな家に住んでいるのか」など。J-CASTニュース側は、

「記事に書いてあるとおり、事務所側は『市民権取得の経緯などについては、プライベートなので答えられない』と話しており、こちらでもわからない」

などと、回答できることを回答した。

TBSの取材拒否は知らないで取材?

   なお、この男性は制作会社の社員らしく、TBSがJ-CASTニュースの取材を拒否し続けていることは知らない様子だった。
   J-CASTニュースの取材を拒否し続けているTBSが、逆にJ-CASTに取材をし、J-CASTは取材に応じた、ということになる。一応、TBS広報部に聞いてみると、

「取材を受ける窓口は広報に一本化しておりますので…」

と歯切れが悪い答えが返ってきた。
   念のため、「『他人に取材はさせないが、自分は取材する』と取られかねないのではないか」と聞いてみると、

「取材をした者に確認の上、連絡する」

ということだった。7月12日20時現在、見解はまだ寄せられていない。

   なお、仮に中田さんの話題が取り上げられるとすれば、15日の放送だそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中