「謝礼」もちかけ認める 福澤アナTBS番組で謝罪

印刷

   TBSの情報番組「ピンポン!」の総合司会者の福澤朗アナウンサーは、ハニカミ王子・石川遼選手の「ナマ声」をこっそり収録しようと、同伴競技者に小型マイクの装着を依頼していた問題で、「謝礼」話をしたことを明らかにしたうえで、謝罪した。

「厳粛なアマチュアスポーツの精神を踏みにじる依頼」

TBSは小型マイク装着依頼の際に「謝礼」をもちかけていたことを認めた
TBSは小型マイク装着依頼の際に「謝礼」をもちかけていたことを認めた

   問題になったのは、石川選手も参加した関東アマチュアゴルフ選手権でのできごと。07年7月13日に放送された「ピンポン!」の最後に、福澤朗アナウンサーは、小型マイクの装着を依頼した際に「同伴プレーヤーに対して謝礼に関わる話もしました」とした上で、

「同じ競技者としてよい成績を収めようと切磋琢磨してきた選手に大変失礼な申し込みを行い、厳粛なアマチュアスポーツの精神を踏みにじる依頼だったと番組として深く反省しております」

と述べた。また、福澤アナは、「ピンポン!」が関東ゴルフ連盟や選手、関係者に1ヶ月あまりにわたってお詫びを重ねていたことを明かし、「寛大な対応をしていただいた」と説明した。

「放送で申し上げたことがすべて」

   2007年6月6日の「ピンポン!」放送で、「不適切取材」について福澤アナが「あまりに非常識な当番組の暴挙であります」と謝罪。後日の放送で

「軽率な行為が何ゆえ起きたのか、決してうやむやにすることがないよう、分かった事実はいずれ、この『ピンポン!』の番組のなかできっちりと必ずや報告をさせていただきたいと思います」

と述べていた。しかし、小型マイク装着を同伴競技者に謝礼金の話を持ちかけていたかについては、その後の番組内で説明がなく、さらに7月4日に行われた定例記者会見でもTBS側は「(説明の放送は)未定」としていた。

   TBS広報部はJ-CASTニュースの取材に対し、「この件について見解がまとまったので報告させていただいた。放送で申し上げたことがすべて」と答えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中