参院選「関心ある人」は民主に投票 読売新聞調べ

印刷

読売新聞社が2007年7月18日にまとめた「第5回参院選ネットモニター調査(対象1,000人)」の結果によると、参院選について「非常に関心がある」と全体の72%が回答した。また、77%が期日前投票を含めて「必ず行く」と答えた。「必ず行く」と答えた人の投票先は、民主43%、自民21%、公明5%、共産4%、社民、国民新、新党日本がそれぞれ2%で、民主が「圧勝」の様相を呈している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中