部品会社被災で全自動車メーカーが操業一時停止へ

印刷

エンジン部品メーカー「リケン」の柏崎市内の工場が新潟県中越沖地震で被災した影響で、ホンダとマツダが2007年7月19日、主要工場の操業を一時停止すると発表した。新聞各紙によると、トラックメーカーのいすゞ自動車も一時停止を決めた。これまですでにトヨタが19日夕から国内全12工場の操業を止めているなどで、国内大手自動車メーカー12社すべての工場が停止する事態となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中