自民議員への「襲撃」相次ぐ 悪感情というより「敵意」爆発

印刷

   参院選を前に低迷する自民党だが、安倍首相をはじめとした自民党の議員が遊説中に「暴行まがい」の「襲撃」に遭遇する例が立て続けに起こった。さらには、街頭で自民党に対する「敵意といったものさえ感じる」と嘆く自民議員もいる。もはや、政党支持率では民主党に圧倒され、総裁が食い物まで投げつけられる自民には参院選大敗しかないのか。

駅頭で「これで自民党は終わりだ」と捨て台詞

各紙の世論調査では「自民大敗」の公算だ
各紙の世論調査では「自民大敗」の公算だ

   2007年7月22日、参院選遊説中の安倍晋三首相がお菓子のような食べ物を投げつけられ、自民党比例代表に立候補している舛添要一・党参院政審会長についていた運動員が暴行された。
   安倍首相は東京都中央区銀座で演説会場までの移動中、雑踏のなかでお菓子のかけらのような物を何者かに投げつけられた。お菓子のかけらのような物は幸い安倍首相から逸れ、当たることはなかったが、報道によれば、首相周辺は「当たっていたら暴行容疑で逮捕している」と、一種の「暴行未遂」的な行動と捉えているようだ。

   一方、舛添議員は、大阪市にある野田阪神駅前で遊説中男に「襲撃」され、福島署が男を選挙自由妨害などで現行犯逮捕した。舛添議員に怪我はなかったが、男を制止しようとした運動員などが軽い怪我を負った。
   舛添議員は、テレビ朝日(07年7月23日「スーパーモーニング」で放送)のカメラに対し、

「あそこの野田阪神駅前で(遊説を)やっとった。そしたら、ちょっと変な奴が来たなと思ったけど、どうやらわし(舛添議員)を狙っとったらしい。たまたま、武器を持ってなかったからよかったんやけども」

と今回の「襲撃」について語っている。また、J-CASTニュースの取材に対しては、舛添議員は「こんなことあっちゃいけない」とだけ述べている。

   しかし、今回の「襲撃」に限らず、街頭で遊説する自民党議員に対する「風当たり」は結構強いようだ。自民党の早川忠孝衆議院議員は自身のブログで、こんなエピソードを紹介している。

「晩の駅頭をしているときに、これで自民党は終わりだ、と捨て台詞を吐き出すようにして脇を通り過ぎた男性がいた。何故こんなに自民党に対する悪感情を露にする人が現れるようになったのか。単なる嫌悪感ではなく、敵意といったものさえ感じる。平成8年以来駅頭に出て挨拶を続けているが、たしか橋本内閣のときだと思うが、朝の挨拶をする私に向かって、自民党は嫌いだ、これまで自民党に投票してきたが今度は共産党に投票する、などと通りすがりに叫んだ人がいたが、あのときより酷い」

世論調査はすべて自民大敗の予測

   こんな「不満」の爆発とともに、自民党の支持率も低迷の一途をたどり、各社の世論調査で「過半数割れ」が現実味を帯びてきた。橋本首相が退陣した98年参院選「あのときより酷い」可能性もある。

   2007年7月19~21日に行われた共同通信の全国電話世論調査では、比例代表の投票先を「民主党」と回答した人は31.7%(04年調査では28.7%)で、「自民党」と答えた人は23.7%(同26.2%)で、共同通信は「民主党『1人勝ち』の様相」と報じている。朝日新聞社が7月21日、22日に行った世論調査でも、比例代表の投票先を「民主」とした人は32%、「自民」としたのは20%でここでも、自民の不振が目立つ。

   さらに、共同通信と加盟新聞社で7月19日~21日に行った獲得議席数の調査について、中日新聞は与党が過半数である122議席を割り込む公算が大きくなっているとしたほか、産経新聞FNN(フジニュースネットワーク)が同19~21日に行った世論調査でも、自民党の獲得議席が「橋本龍太郎首相が退陣した平成10年の44議席前後にとどまる可能性が強い」との結果が出ており、「与党の過半数割れが濃厚」(産経新聞)のようだ。さらに07年7月22日の時事通信も「自民党は1人区、比例代表ともに振るわず、40議席に届かない可能性もある」として、与党が過半数を維持するのは「厳しい情勢」と報じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中