ダヴィンチ社、テーオーシーへの敵対的TOBに失敗

印刷

オータニグループの不動産会社テーオーシーに対し敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けていた不動産投資会社ダヴィンチ・アドバイザーズが2007年7月24日、TOBに失敗したと発表した。期限の07年7月23日までに成立条件である発行済株式45%の取得ができなかった。国内初の敵対的TOBの成功例になるかが注目されていた。テーオーシーの創業家一族が結束して株を買い増しして対抗した。TOBが不成立に終わったことで、ダヴィンチの持ち株比率は現行の10%のままとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中