ルミ子27歳、秋吉26歳下夫 「母さん!女房」時代到来か

印刷

   歌手の小柳ルミ子さん(55歳)が「27歳年下の男優と12月にも結婚」と報じられ、この歳の差からネット上では姉さん女房を超えた「母さん女房だ!」と騒然となっている。歳の差夫婦といえば06年2月には女優の秋吉久美子さん(52歳)が26歳年下の男性と結婚。女優の大地真央さん(51歳)も07年7月25日に12歳年下の男性と挙式する。超年上女房の時代が訪れたのだろうか。

ネットでは、27歳差のカップルに騒然

本人のサイトには、特に「婚約報道」についてのコメントは出ていない
本人のサイトには、特に「婚約報道」についてのコメントは出ていない

   ルミ子さん結婚を一番に報じたのは07年7月23日付けの「日刊スポーツ」。「小柳ルミ子が、27歳下で交際中の俳優石橋正高さんと12月に再婚することが22日、分かった」とし、石橋さんは既にルミ子さんに指輪をプレゼント。周囲には「一生、付いていきたい」とルミ子さんへのいちずな愛を語っているという。2人は06年4月にルミ子さんの主演舞台での共演をきっかけに交際がスタート。既に同居生活を送っているという。ルミ子さんは89年にタレント大澄賢也さんと結婚し離婚。賢也さんの歳は13歳下だった。

   ただし、07年7月24日付けの 「スポーツニッポン」は、ルミ子さんの所属事務所が再婚について「事実無根」と否定した、と書いている。J-CASTニュースはルミ子さんの所属事務所HIRAKUに取材すると、担当者は明るい声で、

「結婚する予定はなくて、(ルミ子さん)本人もどこからそんな話が出たんだろうね、と笑っているくらいです」

と結婚を否定した。しかし「親しい関係」については、

「大人同士の付き合いですから、事務所としてはなんともいえません」

と、どうやらお付き合いをしているのは間違いなさそうなのだ。

   ネットでは、27歳差のカップルに騒然となっている。かなりの数のブログが書かれ、特に女性はルミ子さんに好感触。こんなことを書いている。

「小柳ルミ子、凄い~っ。今度は、27才年下だってぇ~。若さの秘訣は、年下の男性なのかな? 羨ましいねっ。いつまでも、若くいたいよ~」
「女性が強くなった証拠なのか?それとも、今、50代の女性が熱いのか?もう子供は産めないけれど、大人の余裕があるのかも~」
「羨ましい←本音 凄いなぁ 色々 あんなことや こんなこと 妄想してしまった」
「女性として真似はできないけど、尊敬する」

「男性が女性より10歳若い結婚なら、まれにあります」

   男性は、というと「ありえねー!」など否定的なブログが目立ち、

「『五十路』というAVのジャンルが根強い人気で、しかもそれを支えてるのは若い連中だからな。人の好みはいろいろだ」

などというものもある。
   芸能界では「母さん女房」が話題になっているのだが、「普通人」ではどうなのか。中高年専門結婚相談所「アイシニア」代表の池田淳一さんはJ-CASTニュースの取材に答え、

「27歳という歳の差で結婚する方は現実的にはいない」

と明かす。ルミ子さんのような芸能人は、美しく、さらに自分を磨いているため、50代になっても若い男性を引き付ける魅力があるからこそ、なのだそうだ。
   しかし、多少の変化は起こっているようだ。

「60歳の女性が50歳以下の男性でもいい、と言ってきたり、男性が女性より10歳若い結婚なら、まれにありますよ。また、20代、30代の若い男性は、年上の女性でもいいというケースが珍しくなくなりました」

   どうやら、ルミ子さんの27歳差は極端にしても、歳の差が広がる方向にあることは間違いないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中