プッツン建築家・黒川紀章氏が「落選確実」 東京選挙区

印刷

   日本を代表する建築家で知られる黒川紀章さん(73)=共生新党党首=の落選が東京選挙区(改選数5)で確実になった。NHKが20時10分過ぎに報じた出口調査結果で、東京選挙区の議席を競り合う上位候補に全く紹介されなかった。

   黒川さんは日本を代表する建築家。06年に竣工した東京・六本木の新国立美術館を手がけたことでも知られる。07年4月に行われた東京都知事選に出馬して落選。選挙戦を繰り広げるなかで、「社会主義的な思想を広めたい」「投票日はパリにいる」といった「プッツン発言」を繰り返したことから、スポーツ紙や夕刊紙にしばしば取り上げられた。07年3月には共生新党を立ち上げ、自ら党首になっている。共生新党からは、黒川さんの妻で女優の若尾文子さん(73)も比例代表で出馬している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中