1.5万円が「1,980円」 亀田チケット暴落?

印刷

   プロボクシングの亀田兄弟が外国人ボクサーとそれぞれ対決した2007年7月28日の「亀田の夏祭り(興毅、大毅ダブルメイン)」(東京・有明コロシアム)のチケット「暴落説」がインターネットでささやかれている。金券ショップに大量に並べられ、1万5,000円の席を1,980円に値下げしたが、売れ残っていたというものだ。

パフォーマンスのため?「1,000席潰した」

「亀田チケット不調」を伝えるJ-CASTニュース
「亀田チケット不調」を伝えるJ-CASTニュース

   ネットのアメーバニュースが7月29日に伝えたところによると、7月28日の試合当日、新宿の金券ショップを訪れるとチケットが大量に並べられ、1万5,000円のリングサイト席が「1,980円」と「イチキュッパ」で売られ、S席5,000円が980円で売られていた。

   「こんなの金払って観るやついるのかよw」「大体が芸能でも何でも流行が過ぎればプラチナチケットと言われた物が、普通に手に入るようになりそのうち消えていく」などのコメントが寄せられた。mixi(ミクシィ)などでも引用され、関心を集めた。

   数件の新宿の金券ショップに話を聞いてみると、「元がいくらの席か覚えてないが、何分の一かに下げてそれでも売れないのが何枚もあった」「2枚で3,000円の(チケット)を見た。担当がそれでも売れない、とまだ下げると言っていた」といった反応だった。チケットの元の値段がはっきりしないことはあるが、不人気だったのは間違いないようだ。

   7月28日夜にTBS系で放送された「夏祭り」は、前半は次男、亀田大毅選手、後半は長男の興毅選手がそれぞれ試合をした。両方ともノンタイトル戦だが、事前にスポーツ紙が「(興毅選手が」保険に入るほど危険な命がけパフォーマンス」「(パフォーマンスのために)いす1,000席を潰している」などと報じた。試合当日の映像を見てみると、赤い布のようなもので席が広く覆われたスペース上の「空中」に興毅選手が現れた。スモークの中からゴンドラに乗り、空中につるされながら少しずつ降りてくる仕掛けだ。結婚式でも同様の仕掛けをする式場があったような、そんなパフォーマンスだ。

「いろんなこと言いたい人はいるもんですから」

   こうした演出に対し、ミクシィのコメント欄には「1,000席外してって、要はチケット売れなかったから誤魔化す為なんだろうねぇ」との見方が掲載されている。「コンサートチケットが売れ残ったアイドルグループも、イベントの一環と称して空席が目立たないよう、シートを座席にかぶせるのはよくある話」と話す芸能関係に詳しいジャーナリストもいる。

   J-CASTニュースが亀田兄弟が所属する協栄ボクシングジムに「赤いシートは、空席を目立たなくするためという見方も出ていますが」と質問すると、電話に出た男性が「(試合は)終わったことですので、分かる人間がいない」と話した。試合のチケット「暴落説」については「こちらでは分からないこと」「観客は4,000人。チケットの販売数などは公表していない」そうだ。試合会場となった有明コロシアムは「1万人収容」(有明テニスの森公園事務所)の施設だ。

   7月28日夜は、19時からフジテレビ系列で「27時間テレビ」が始まり、21時からはサッカー日本代表の対韓国戦がテレビ朝日系で放送されるなど「悪条件」もあった。試合が世界タイトルのかかったものではない、という側面もあるため単純な比較はできないが、19時から21時まで2部構成であった「夏祭り」の視聴率(関東地区)は、前半13.0%、後半16.5%だった。ちなみに、06年12月に有明コロシアムであった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチで再戦となった「亀田興毅×ファン・ランダエダ」戦の視聴率(同)は30.1%だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中