赤城農相更迭 「自分の問題が参院選敗北の一因」

印刷

安倍晋三首相は2007年8月1日、赤城徳彦農水相を首相官邸に呼び、赤城氏の政治資金を巡る事務所費問題などを受けて辞任を求めた。赤城氏も要請を受け入れ辞表を提出した。赤城農水相は辞表提出後、記者団に「首相に『職を辞したい』とお願いし、『わかりました』ということだった。参院選で私に関する様々な報道があり、選挙戦に影響を与えて与党の敗北の一因となったのは事実だ。申し訳なく思っている」と述べた。事実上の更迭となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中