JALの赤字幅が縮小 4-6月期

印刷

日本航空(JAL)は2007年8月6日、07年4―6月期の連結業績を発表した。営業損益は85億4,600万円の赤字となったが、06年同期の赤字319億円と比べると、赤字幅は大きく縮小した。航空券の値上げで客単価が上昇したほか、一部路線で運休や減便をしたり、航空機の小型化を進めたりなど、コスト削減策が奏功した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中