キャンキャンの表紙外れ エビちゃんに「ブーム限界説」

印刷

   「トップモデル」の代名詞として知られてきた「エビちゃん」こと蛯原友里さん(27)だが、その座が危ういのではないか、という声がささやかれている。ファッション誌「CanCam(キャンキャン)」の表紙から姿を消したほか、テレビへの露出も減少気味だというのだ。ブロガーに取り上げられる件数も漸減傾向だ。その一方で、これまで多数のCMで蛯原さんと共演してきた押切もえさん(27)は、新たな分野を開拓、ブロガーの注目度も蛯原さんに迫っている。

現役引退のうわさまで出る

押切もえは「転身」に成功
押切もえは「転身」に成功

   発端は、これまで表紙を飾ってきたファッション誌「CanCam」9月号の表紙が蛯原さんではなく、後輩モデルの西山茉希さんに取って代わられたことだ。これは業界でも衝撃を持って受け止められ、夕刊紙や週刊誌に「エビちゃんブームもここまでか」「エビちゃん賞味期限切れ」なとど書き立てられた。

   報道を総合すると、この「交代劇」の理由は、蛯原さんの年齢と同誌のターゲットとの乖離のようだ。蛯原さんが27歳なのに対して、同誌のターゲットは20代前半。「そろそろ若返りを」ということで、21歳の西山さんが表紙に採用された模様だ。

   「週刊現代」8月18・25日号では、蛯原さんがCMに出演した商品がよく売れる「エビ売れ」は、蛯原さんが「CanCam」の表紙を飾ることによる相乗効果があってこそ、と主張。芝居が下手で声質も良くない、と決めつけ、テレビも難しいとも指摘。「ファッションデザイナーに転身し、現役を引退するのではないか」との憶測まで披露している(所属事務所はこれを完全否定)。

   方針転換の見通しが立たない「手詰まり感」が伝わってくるが、これと対照的なのが押切もえさん。

同じ27歳の押切もえは「転身」に成功

   押切さんはすでに「CanCam」を卒業、07年3月から月刊化された姉妹紙「AneCan(姉キャン)」の表紙を飾っている。同誌は「お姉さん系CanCam」の略で、ターゲットは20代後半の女性。押切さんは蛯原さんと同じ27歳なので、ターゲット層とも合っている。

   テレビでも、NHKの語学番組「英語でしゃべらナイト」と、テレビ朝日の深夜番組「オモ☆さん」の2本のレギュラー番組を持っており、新境地の開拓にも成功している形だ。NHK教育テレビに出演しているカナダ人男性との「熱愛説」というオマケも付き、注目度アップに一役買った。

   ブロガーの反応でも、蛯原さんへの注目度は漸減傾向なのに対し、押切さんは比較的安定しているように見える。

   「ブログでよく語られているキーワード」のランキングを紹介しているサイト「kizasi.jp」で調べてみると、8月1日から8月7日にかけて「蛯原友里」について語ったブログは173件なのに対して、「押切もえ」について語ったのは153件。現在は「エビちゃん優勢」といったところだが、件数の推移を表したグラフと見ると、蛯原さんは微妙に右肩下がりなのに対して、押切さんは乱高下気味だ。2人の注目度が逆転する日は、遠くないかも知れない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中