みずほ銀行がハードロックCDにコンテンツ投資

印刷

みずほ銀行はアニメや映画などで実施していたコンテンツ投資を、洋楽CDにも対象を広げる。2007年8月10日付のフジサンケイビジネスアイが報じた。コンテンツ投資は信託機能を使った投資手法で、レコード会社「ワードレコーズ」が今後発売するCDアルバム(コンテンツ)に出資して収益配分権を信託し、出資分に応じて利益を受け取る。CDが売れれば利益も上がるが、売れないと損失となることもある。第1弾としてハードロック・バンド「ディープ・パープル」のコンサート音源を使ったCDアルバムがすでに発売され、07年9月には「yes」のCDアルバム「ライブ・アット・モントルー2003」を発売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中