アメリカザリガニは「初恋の味」 「ギャング」転じて「村興し」に一役

印刷

   「水田のギャング」とも言われ、イネの根を切ったり田んぼのあぜに穴を開けたりする農家の敵アメリカザリガニ。駆除をするのは一苦労だが、せっかくだから捕獲したザリガニを食べてしまい、村興しの材料にも使おう。こんな動きが宮城県大崎市田尻大貫で起きている。食べてみるとかなり美味しく、「初恋の味のよう」なのだそうだ。

小川に袋網仕掛けると、一晩で500匹から1000匹

アメリカザリガニは「プリプリして美味しい」そうだ
アメリカザリガニは「プリプリして美味しい」そうだ

   大崎市田尻大貫の水田や農業用水路で、ザリガニの異常繁殖が起こったのは数年前から。大繁殖の原因ははっきりしていないが、牛豚のし尿を川に流すことが規制され水質が向上。その恩恵を、生命力の強いザリガニが受けたのではないか、と地元では見ている。その結果、イネの茎や根を切られたり、田んぼのあぜに穴が開き、水が抜けたりする被害が出た。ザリガニがどれくらい多いかというと、水田の脇を流れる小川に袋網(長さ3メートル、幅2.5メートル)を仕掛けると、一晩で500匹から1,000匹入っているのだという。

   これまでは捕まえた後は捨てるか、ニワトリなどの飼料や、肥料として畑に撒いたりしていた。そんなザリガニを

「敵だし、憎らしいから、食べてしまったらどうか」

と提案したのが、地元で「めだかの郷」を主宰する高橋孝憲さん(59歳)だった。高橋さんは子供の頃にザリガニを食べた経験があって、「美味しかったような記憶」があった。

   高橋さんは06年8月22日に近所の農家などに呼びかけ、ザリガニの「試食会」を開いた。このときの様子は毎日新聞の06年8月23日付に掲載されていて、約600匹を大鍋で塩ゆでにし、天丼を作ったりした。真っ赤な殻をむいた身はエビそのもの。食べるとプリプリ感があった。この「試食会」に参加した建設業の男性は、

「半世紀ぶりに食べた。初恋の味のよう」

と感想を述べた、と書いている。

「ザリガニを食べる会」に100人近くが集まる

   高橋さんはJ-CASTニュースの取材に答え、ザリガニの試食会を開いているのは日本ではここだけだろう、と笑いながら話し、味については、

「プリプリして美味しい。その辺で売っているエビよりもずっと美味しい」

と絶賛。ザリガニは料理する1週間前に捕獲し、体の汚れを取ってきれいな水で飼っておくのだそうだ。一匹から取れる肉は大人の親指くらいの大きさで、塩茹でにして塩や醤油をつけて食べたり、素揚げや掻き揚げの具材に使うのだという。

   07年8月4日に参加費無料の「ザリガニを食べる会」を開いた。06年は参加者が20人ほどだったが、今回は100人近く。周辺地域の人達だけでなく仙台、山形、盛岡からも集まってきた。それだけでなく、鹿児島や神奈川などの遠方から「ボイルして送ってほしい」という要望も増えるなど、ザリガニを食べるという認識が広がっているようなのだ。

   高橋さんは、

「『田んぼのロブスター』として地元の名物になればいいと思っているんです。ザリガニはこれまで憎い敵でしたが、これからは地域興しに一役買ってもらおうというわけです」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中